北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

松前・阿吽寺で火渡り 参拝客200人が願い込め【松前】

燃え盛る火床を渡る長瀬住職

 【松前】松前公園内の真言宗阿吽寺(長瀬弘雄=こうゆう=住職)で11日、毎年恒例の「柴燈(さいとう)大護摩火渡」が行われた。長瀬住職が袈裟懸けのまま、燃え上がる火床の上をはだしで渡った後、参拝客約200人が願いを込めて後に続いた。

 火渡修行は真言密教の荒行の一つで、密教の秘宝のひとつ。供物を本尊に供養し、煩悩(ぼんのう)を焼き尽くすという意味が込められている。阿吽寺では例年、同日に行われる松前霊場八十八カ所(勝軍山)の山開きに合わせて開催している。

 この日は僧侶たちによって護摩木がたかれ、読経の中、信徒が願い事を書いた護摩木を火にくべ、僧侶らが残り火を鎮めた後、火渡りを執り行った。

 今年、古里の松前に転居し、子どものころ以来、久しぶりに火渡に挑戦したという井上範子さん(33)は「家内安全を願って火を渡りました」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...