北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

下川商業高校で「うどん教室」【下川】

高校生が開発したオリジナルうどんを味わった小学生

 下川商業高校(澤田信夫校長)の3年生が、黒米を練り込んだ手延べうどんを開発。これを味わってもらおうと15日、同校に下川小学校(堀内隆功校長)の5年生を招き、「うどん教室」を開催した。

 同高校の手延べうどん商品開発と同教室は、今回が第15弾。

 今年の3年生41人は、2年生時に地元産小麦を使った手延べうどん商品を試作。試食を重ねてゴボウが一番人気だったものの、手延べに適した素材を考慮した結果、アントシアニン系の色素を含み、モチモチ感、ツルツル感が通常の麺より強く、健康志向時代にも対応できることから「黒米」に決定。30日の札幌販売実習会でも販売することになっている。

 同教室では、高校生12人の指導を受けながら、小学生27人が黒米入りと普通のうどんをゆで、冷温2種類のたれで食べ比べた。

 高校生の佐々木美月さんは、下川のうどんの歴史や特徴を紹介し、同教室全体の進行も務めた。「私たちのオリジナルうどん開発を通し、小学生にも地元産うどんに興味を深めていただき、『何か開発したい』と思ってもらうきっかけにしたい」と話す。

 平間柊君は下川小5年の時に同教室を体験したが、今回は指導する側。「懐かしい。あの時の高校生が楽しそうで憧れた。自分も楽しさを伝えられているかな」と語る。また、小学5年の野崎光央さんは「下川の手延べうどんはいつも食べているけれど、高校生のうどんもモチモチしておいしい。自分もカラフルなオリジナルうどんを作ってみたい」と述べる。

 オリジナルうどんの素材は最後に発表。小学生はそばのような色合いに「ゴマかな?コショウかな?」などと予想しながら試食し、ネーミング案も発表し合った。

関連記事

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...

根室新聞

市アジア圏輸出促進協 6年ぶりに経済ミッション派遣へ【根室】

 根室市アジア圏輸出促進協議会(会長、石垣雅敏市長)の令和元年度総会が20日午後、市総合文化会館で開かれた。総会では経済ミッションの実施について、山本連治郎根室商工会議所会頭が「今年度、議員会で検...

日高報知新聞

議長に佐々木孝雄氏再任【浦河】

 新議員16人による改選後初の浦河町議会臨時会が21日開かれ、投票で議長に佐々木孝雄氏(75)=7期=、副議長に飯田美和子氏(52)=3期=が当選した。  無記名による議長投票結果は、佐々木氏10票、辻芳...

日高報知新聞

席を追加し会場満席【新ひだか】

【新ひだか】全国のショッピングモールで歌い続け、「ショッピンモールの歌姫」と呼ばれている札幌市出身のシンガーソングライター半崎美子さんが18日、三石本町の町総合町民センターはまなすでしっとりとしたバ...

苫小牧民報

新聞用の抄紙機N5マシン、設備改造へ 段ボール原紙などに転換-王子HD

 王子ホールディングス(東京都、加来正年社長)は22日、グループ会社の王子製紙と王子エフテックスの3工場について、生産体制を再構築すると発表した。新聞用紙や印刷情報用紙など紙需要の落ち込みを踏ま...