北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

下川商業高校で「うどん教室」【下川】

高校生が開発したオリジナルうどんを味わった小学生

 下川商業高校(澤田信夫校長)の3年生が、黒米を練り込んだ手延べうどんを開発。これを味わってもらおうと15日、同校に下川小学校(堀内隆功校長)の5年生を招き、「うどん教室」を開催した。

 同高校の手延べうどん商品開発と同教室は、今回が第15弾。

 今年の3年生41人は、2年生時に地元産小麦を使った手延べうどん商品を試作。試食を重ねてゴボウが一番人気だったものの、手延べに適した素材を考慮した結果、アントシアニン系の色素を含み、モチモチ感、ツルツル感が通常の麺より強く、健康志向時代にも対応できることから「黒米」に決定。30日の札幌販売実習会でも販売することになっている。

 同教室では、高校生12人の指導を受けながら、小学生27人が黒米入りと普通のうどんをゆで、冷温2種類のたれで食べ比べた。

 高校生の佐々木美月さんは、下川のうどんの歴史や特徴を紹介し、同教室全体の進行も務めた。「私たちのオリジナルうどん開発を通し、小学生にも地元産うどんに興味を深めていただき、『何か開発したい』と思ってもらうきっかけにしたい」と話す。

 平間柊君は下川小5年の時に同教室を体験したが、今回は指導する側。「懐かしい。あの時の高校生が楽しそうで憧れた。自分も楽しさを伝えられているかな」と語る。また、小学5年の野崎光央さんは「下川の手延べうどんはいつも食べているけれど、高校生のうどんもモチモチしておいしい。自分もカラフルなオリジナルうどんを作ってみたい」と述べる。

 オリジナルうどんの素材は最後に発表。小学生はそばのような色合いに「ゴマかな?コショウかな?」などと予想しながら試食し、ネーミング案も発表し合った。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス