北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

在宅医療・介護連携推進事業の地区講演会始まる【伊達】

在宅医療について関心を深める地域住民ら

 2019年度の在宅医療・介護連携推進事業の地区講演会(伊達市主催)が14日から始まった。第1回は山下町のすみれ福祉会館で開かれ、地域住民ら31人が在宅医療の仕組みなどに関心を深めていた。

 同事業は、地域包括ケアシステム構築の一環。市では同事業の住民理解を広める狙いで、市在宅医療介護連携支援センターに事業委託し、17年度から地区講演会を開催している。医師らが在宅医療や栄養と食事、えん下の理解などをテーマに講話。19年度は市内6カ所で予定している。

 14日はひじり在宅クリニック(洞爺湖町)の岡本拓也院長が「在宅医療について」、介護老人保健施設北湯沢温泉いやしの郷(伊達市大滝区)の主任管理栄養士の相馬梨沙さんが「体力を維持する食事のコツと注意点」と題して講演した。

 このうち、岡本院長は「通院が困難になった場合は訪問診療が利用でき、希望すれば最期まで自宅で過ごせる」とし、「選択肢が一つ増えた」と在宅医療について紹介。「入浴や掃除、調理、買い物などの介護サービスと医療行為の両方があって在宅医療が実現できる」と説明した。

 また、「終末期の患者には、医療的介入は控えめにすることが本人の苦痛を少なくする。『できること』よりも『適切なことをする』発想で、目標や大事にしたいことを医療者と一緒に話し合うことが大切」と指摘。住み慣れた環境が生きる力と安心感を生み出すと述べ、制度を上手に利用する重要性を強調していた。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...