北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

山林再生、全力で支援 吉川農水相が厚真町視察

厚真町で山林被害と復旧事業の状況説明を受ける吉川農林水産相(中央)=18日午前11時半ごろ

 昨年9月の胆振東部地震で厚真町などの山林が大規模に被災した中、吉川貴盛農林水産相が鈴木直道知事らと共に18日、同町の災害現場との復旧現場を視察し、被害面積4000ヘクタール以上に及んだ山地の復興に向けて地元関係者と意見交換を行った。吉川農水相は「森林再生に向け全力で取り組みたい」と意欲を示した。

 道によると、胆振東部地震では最大震度7を観測した厚真町を中心に安平、むかわ両町などの山林が被災。大規模な土砂崩れも発生し、厚真町で多くの人命が奪われた。崩れた山林は合計で約4300ヘクタールにも及び、治山施設や林道、木材加工施設の損壊などを含めた被害額を511億円と試算している。道は被害山林の復旧を目指し、被災3町や林業団体、研究機関などで構成する森林再生の連絡会議で協議を重ね、4月に対応方針をまとめ、地域の特性や実情に応じた森林造成、林道復旧、治山施設の整備といった復旧事業に順次取り掛かっている。

 吉川農水相の被災地訪問は昨年10月、胆振東部3町の農業被害の視察以来。18日午前、鈴木知事や厚真町の宮坂尚市朗町長らと共に同町東和地区の山地災害復旧現場をはじめ、被害倒木の有効利用を見据えた富里地区の倒木の集積場などを見て回った。震災から8カ月余りが過ぎても地震の深い爪痕が残る山腹の光景を目に、吉川農水相も「本当にまだ痛ましい」と沈痛な面持ちで現場を見詰めた。土砂災害の甚大な被害を受け、稼働できなくなった富里地区の浄水場も視察し、復旧作業が急ピッチで進む光景に「被害を後世に伝えていくことも大事だ」と改めて指摘した。

 同日午後は町総合福祉センターに移動し、被災3町の首長の他、苫小牧広域森林組合、JAとまこまい広域、JAむかわ、各町土地改良区などの各代表者らと災害復旧をめぐって意見交換した。鈴木知事は「今回の意見交換を早期の復旧復興、農林業の活性化につなげたい」とあいさつ。宮坂町長は「厚真の誇る自然景観を取り戻すため早期の森林再生が必要」と訴えた。これを受け、吉川農水相は「山が無くなったという悲痛な声も聞いた。山林再生へ精いっぱいの支援をしていきたい」と述べた。

 被災三町や道などから要望書を受け取った吉川農水相は、林業に大きな影響をもたらした山林被害の復旧に向け、政府として協力する姿勢を改めて強調した。

関連記事

日高報知新聞

斉藤恒子染展~藍色の風【日高】

【日高】帯広市在住の染織作家による「斉藤恒子染展~藍色の風~」が19日まで、門別競馬場向かいのナカジマ家具店地下特設会場で開かれている。時間は午前10時~午後6時(19日は午後3時)まで。  斉藤さん...

日高報知新聞

高山植物の盗掘防止など【様似】

【様似】登山シーズンとなり、アポイ岳保全対策協議会は15日朝、貴重な高山植物群落があるアポイ岳(810・6㍍)登山口で高山植物盗掘防止と携帯トイレ普及の啓発キャンペーンを実施し、登山者に協力を呼び掛...

苫小牧民報

特製ちゃんこで町民笑顔に むかわ合宿の大相撲・友綱部屋

 むかわ町内に合宿中の大相撲・友綱部屋は16日、昨年9月に発生した胆振東部地震で被災した町民を励まそうと、同町道の駅「四季の館」で振る舞いちゃんこ会を開いた。友綱親方(元関脇・旭天鵬)をはじめ、...

苫小牧民報

大移動終え、D51お披露目 道の駅併設の鉄道資料館にファンら-安平

 安平町が誇る蒸気機関車(SL)「D51―320号機」の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」(同町追分)に併設する鉄道資料館への設置作業が14日に完了し、一般にお披露目された。多くの町民...

苫小牧民報

障害者の就労支援に 使用済み水道メーター、福祉施設に作業委託-苫小牧市

 苫小牧市は、これまで専門事業者に売却していた使用済み水道メーターについて、今月から分解と選別作業を市内の福祉事業所11施設に委託した。リサイクル活用と障害者の就労支援につなげるのが狙い。各事業...