北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

事故に遭わない、遭わせない…市内で交通安全運動【室蘭】

 春の全国交通安全運動(11~20日)に合わせ、室蘭署など関係機関による街頭啓発や学生への指導が室蘭市内で行われている。3月には市内の交差点で、自転車の高校生が軽乗用車にはねられる重傷事故が発生しており、参加者は「悲惨な交通事故を繰り返さない」と運動に臨んでいる。

室栄高で啓発活動

反射材の役割について説明する室蘭署員

 春に急増する自転車事故。同署など関係機関が17日、室蘭栄高校(東町)で自転車通学者に対する啓発活動を行った。  約5年前から市内の高校などで通学時間帯に合わせて実施している。室蘭地域交通安全推進委員ら15人が参加。署員が反射材の装着を促し「必ず前輪と後輪の両方に付けて」と呼び掛けた。  同署の尾見富雄交通第一課長は「自転車事故が増える時季。加害者になる可能性もあるため、車だけでなく、歩行者に十分注意を」と話している。

八丁平小1年生対象に安全教室

巻き込み事故について学ぶ児童ら=室蘭中央自動車学園提供

 新1年生に正しい交通ルールを学んでもらおうと、八丁平の室蘭中央自動車学園(高瀨裕管理者)では16日、地元の小学生を対象とした交通安全教室があった。八丁平小学校の1年生約100人が横断歩道の渡り方などを教わった。  児童たちは教習コースに出て、運転手から見えない車の死角や、信号交差点での巻き込み事故などについて学んだ。ダミー人形を使用した飛び出し事故の再現では、児童が顔をこわばらせる場面もあった。職員らは「交通ルールは命を守るためのルール。横断歩道では信号の色が青でも右を見て左を見て、もう一度右を見て、車がいないことを確かめてから渡ろう」と呼び掛け、児童は「はい」と元気に答えていた。  安全教室は2000年(平成12年)から毎年、同自動車学園の職員が指導している。15日には同小の4年生が学んだ。

国道37号で旗の波運動

港北町の国道37号沿いで旗を掲げて啓発する参加者

 港北町の国道37号沿道では17日、街頭啓発が行われ、蘭北地区交通安全推進協議会の会員や市職員ら約120人が参加した。  約30年前から実施している。蛍光色のジャンパーを着た参加者が旗を掲げて、ドライバーへスピードダウンを訴えた。  3月の自転車事故は、港北町の国道37号交差点で発生した。同会の須田貞文会長は「事故を起こしてから後悔するのでは遅い。交通事故を他人事のように考えてほしくない」と話していた。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス