北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

空き店舗をにぎわい拠点に【浦河】

木ベラづくりや着物フリマなどでにぎわったオープニングイベント

 浦河町の若手集団「浦河リノベ部」(上埜友介部長、部員8人)は、空き店舗だった大通4の旧三好畳店の改装を手掛けた「シェアスペース・tatamiya(たたみや)」で18日、オープニングイベントを開催し、夏いちごアイスの販売や木のヘラ作り、ホワイトボード製作、着物フリマなどの催しに家族連れなどでにぎわった。

 浦河リノベ部の部員は、30~40代のデザイナーや観光関係、建材や金物販売、左官職人など多彩な人材が集結し、多方面で活動。

 今回、市街地などで増える空き店舗の活用で地域の活性を図ろうと、昨年5月ごろから空き店舗だった畳店を借り、部員が手作りで新しい価値を生み出すリノベーションに取り組み、ここをフリーマーケットや講演会、イベント、会議などに利用してもらう新スペースを作り上げた。

 内装の壁に畳デザインをアレンジしたり、左官の特殊技術などで1、2階の内部を一新し、3月末に完成。4月には内覧会も開いている。上埜部長によると「フリーマーケットや説明会などに使いたいと問い合わせもすでにある」という。

 18日のイベントでは、1年ほど前に発足した浦河着物女子会が、町民からの寄贈で集まった古着物生地や和装小物類などを無料提供。サクラの木を使ったアイスクリーム用木ベラの製作、親子で特殊塗装によるホワイトボードづくりなどがあり、大勢の来場者が体験した。

 上埜部長は「空き店舗のリノベーションなどは、他のグループが『我々もやろう』という広がりにつなげれば」と話している。

 シェアスペース(平日・土日祝とも午前10時~午後10時。これ以外は要相談)は、会員(募集中)と一般向け料金があり、一般は2時間3000円~、1日1万5000円~、ほか4時間、6時間など。会員は来年4月まで限定料金で2時間1500円~、1日9000円~など。会員は法人・事業者が年1万円、サークル・個人は年3000円。

 問い合わせは、浦河町大通4―8―2、浦河リノベ部(☎0146・26・9820)まで。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...