北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴れて受章する。発令日を新天皇即位後に繰り下げた。

 平野さんはえりも町出身。幌泉(現・えりも)高校卒業後、家業の漁業に従事。えりも町漁協が平成6年4月の臨時総代会で役員総辞職後、新役員改選で理事に就任。

 12年6月には、同漁協代表理事組合長に就任。18年4月には、えりも町・庶野・冬島(様似町)3漁協の合併により発足した「えりも漁協」の組合長に就任し、27年6月 の退任まで漁協組合長歴は15年に及んだ。

 その間に、14年3月に北海道漁業協同組合連合会(道漁連)理事に、さらに19年6月には副会長理事に就任し、27年6月まで13年間の要職を全うした。

 平野さんは「厳しい状況だった町漁協の建て直しや3漁協の合併実現など、組合長の立場で最善を尽くした」と自負している。

 道漁連副会長時代には、ロシア・サハリン州の旧大泊港で、サハリン島を縦断して敷設されている石油と天然ガスパイプラインの安全性の確認と、万一の対応には民間サイドで情報交換の協議を話し合った。

 さらに、道漁業環境保全対策本部長、日高地区共販推進委員長など15を超える関連役職に係わりながら、家業の漁業従事に腐心した。

 「えりも漁協は信頼できる役職員の尽力で安定経営を継続している。叙勲の栄に浴せたことは、支えてくれた漁協理事・職員と家族のおかげ」と謙虚に話している。

関連記事

根室新聞

10月10日、旧標津線を巡る秋のフットパスツアー【根室】

 知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ(SB)の「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」が、10月10日に実施される。フットパスや北棟建築100周年の旧奥行臼駅逓所(国指定史跡)、西春別駅跡...

根室新聞

北方領土返還要求中央アピール 行進中止【根室】

 北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)は24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため「返還運動始まりの日」の12月1日に首都圏で行っている北方領土返還要...

苫小牧民報

実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭

 胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区...

苫小牧民報

まるで親子、寄り添う犬猫 安平・佐藤農園パークゴルフ場

 安平町早来の佐藤農園パークゴルフ場で飼育している雄犬の「テツ」(推定13歳)に小さな野良猫が懐き、利用者から「親子のよう」と話題を集めている。じゃれ合う様子がかわいらしく、飼い主の佐藤豊子さん...

十勝毎日新聞

十勝ワイン仕込み開始【池田】

 2020年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が25日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。  午前8時半、関係者が操業の安全を祈願。勝井勝丸町長は「事故なく、いいワ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス