北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

日高管内からは5人

 政府は21日付で令和元年春の叙勲受章者を発表した。全国総数4226人で、うち道内居住者は230人。日高管内からは長年にわたって各分野で地域の発展に尽くした元えりも漁協組合長の平野正男さんら5人が晴れて受章する。発令日を新天皇即位後に繰り下げた。

 平野さんはえりも町出身。幌泉(現・えりも)高校卒業後、家業の漁業に従事。えりも町漁協が平成6年4月の臨時総代会で役員総辞職後、新役員改選で理事に就任。

 12年6月には、同漁協代表理事組合長に就任。18年4月には、えりも町・庶野・冬島(様似町)3漁協の合併により発足した「えりも漁協」の組合長に就任し、27年6月 の退任まで漁協組合長歴は15年に及んだ。

 その間に、14年3月に北海道漁業協同組合連合会(道漁連)理事に、さらに19年6月には副会長理事に就任し、27年6月まで13年間の要職を全うした。

 平野さんは「厳しい状況だった町漁協の建て直しや3漁協の合併実現など、組合長の立場で最善を尽くした」と自負している。

 道漁連副会長時代には、ロシア・サハリン州の旧大泊港で、サハリン島を縦断して敷設されている石油と天然ガスパイプラインの安全性の確認と、万一の対応には民間サイドで情報交換の協議を話し合った。

 さらに、道漁業環境保全対策本部長、日高地区共販推進委員長など15を超える関連役職に係わりながら、家業の漁業従事に腐心した。

 「えりも漁協は信頼できる役職員の尽力で安定経営を継続している。叙勲の栄に浴せたことは、支えてくれた漁協理事・職員と家族のおかげ」と謙虚に話している。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...