北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。

更新した第3発電所の第2発電機=東芝製=

 発電設備の更新工事は、電気の自家使用から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を利用した売電事業への転換が目的で、水力発電した電気はすべて北海道電力に売電する。更新工事費は約40億円。年間売電額は約13億円。

 同社は東京都中央区八重洲に本社がある合金鉄製造のトップメーカー。幌満川水系の水力発電は、ダムや発電所を建設し、昭和9年(1934年)から運転を開始し、日高地方の電源開発の先駆けとして電気を供給したのが始まり。

 発電設備の全面更新工事は、昭和15年(1940年)に完成し運転してきた第2発電所(出力4406KW)と、昭和29年(1954年)完成の第3発電所(同6223KW)。長く修繕しながら稼働してきた発電機などすべてを一新し、最新の設備機器で発電能力が向上し、環境面にも配慮している。

 更新工事は同社と水力発電改修事業を展開するみらいハイドロリパワーリングⅠ・Ⅱの共同事業で、工事を経て、平成29年(2017年)11月からFIT営業運転を開始している第2発電所は発電能力が12%アップ。今年2月1日から運転の第3発電所は従来より5%増となった。

 第3発電所で行われた竣工式には、同社の白須社長や役員、工事関係者のほか、様似町の木下行宏副町長や町議会の工藤仁議長、小野哲弘副議長、地元自治会などから約60人が出席。神事で更新発電所の完成を祝った。

 白須社長は「わが社は時代に応じて業態を変えてきた。発電事業は合金鉄、機能材料、環境事業とともに4大事業の一つ。今回の更新工事で新たに地域に貢献していけるよう運営したい」と話していた。

玉ぐしを捧げる白須社長

関連記事

根室新聞

10月10日、旧標津線を巡る秋のフットパスツアー【根室】

 知床ねむろ・北太平洋シーニックバイウェイ(SB)の「旧標津線を巡る秋のフットパスツアー」が、10月10日に実施される。フットパスや北棟建築100周年の旧奥行臼駅逓所(国指定史跡)、西春別駅跡...

根室新聞

北方領土返還要求中央アピール 行進中止【根室】

 北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)は24日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため「返還運動始まりの日」の12月1日に首都圏で行っている北方領土返還要...

苫小牧民報

実りの秋に感謝 厚真桜丘・森田さんの田んぼで抜穂祭

 胆振、日高の青年神職会は24日、厚真町桜丘の森田明央さん(53)が所有する水田に設ける「神田」で恒例の「抜穂(ぬいぼ)祭」を実施した。神事の後、若手の神職ら14人が手作業で鎌を振るい、日胆地区...

苫小牧民報

まるで親子、寄り添う犬猫 安平・佐藤農園パークゴルフ場

 安平町早来の佐藤農園パークゴルフ場で飼育している雄犬の「テツ」(推定13歳)に小さな野良猫が懐き、利用者から「親子のよう」と話題を集めている。じゃれ合う様子がかわいらしく、飼い主の佐藤豊子さん...

十勝毎日新聞

十勝ワイン仕込み開始【池田】

 2020年産のブドウを使った十勝ワインの仕込み作業が25日、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)で始まった。  午前8時半、関係者が操業の安全を祈願。勝井勝丸町長は「事故なく、いいワ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス