北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。

更新した第3発電所の第2発電機=東芝製=

 発電設備の更新工事は、電気の自家使用から再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を利用した売電事業への転換が目的で、水力発電した電気はすべて北海道電力に売電する。更新工事費は約40億円。年間売電額は約13億円。

 同社は東京都中央区八重洲に本社がある合金鉄製造のトップメーカー。幌満川水系の水力発電は、ダムや発電所を建設し、昭和9年(1934年)から運転を開始し、日高地方の電源開発の先駆けとして電気を供給したのが始まり。

 発電設備の全面更新工事は、昭和15年(1940年)に完成し運転してきた第2発電所(出力4406KW)と、昭和29年(1954年)完成の第3発電所(同6223KW)。長く修繕しながら稼働してきた発電機などすべてを一新し、最新の設備機器で発電能力が向上し、環境面にも配慮している。

 更新工事は同社と水力発電改修事業を展開するみらいハイドロリパワーリングⅠ・Ⅱの共同事業で、工事を経て、平成29年(2017年)11月からFIT営業運転を開始している第2発電所は発電能力が12%アップ。今年2月1日から運転の第3発電所は従来より5%増となった。

 第3発電所で行われた竣工式には、同社の白須社長や役員、工事関係者のほか、様似町の木下行宏副町長や町議会の工藤仁議長、小野哲弘副議長、地元自治会などから約60人が出席。神事で更新発電所の完成を祝った。

 白須社長は「わが社は時代に応じて業態を変えてきた。発電事業は合金鉄、機能材料、環境事業とともに4大事業の一つ。今回の更新工事で新たに地域に貢献していけるよう運営したい」と話していた。

玉ぐしを捧げる白須社長

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...