北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ヒグマ目撃多発「山菜採りなど十分注意を」【根室】

 4月以降、ヒグマの目撃情報が相次いでいる。30年度は過去10年で最多の44件の目撃情報が寄せられたが、今年は25日までに11件と、すでに昨年同期を4件上回っている。幸い市内ではヒグマによる人身被害はないものの「コゴミなど山菜採りには十分注意してほしい」と話している。

 市農林課によると、25日午前6時ごろ、JR花咲線の別当賀駅から落石駅に向かって約3キロメートルの線路脇で子グマ1頭をJR運転士が目撃し、市に通報。子グマは落石東方面に立ち去った。この目撃情報で4月以降11件目となり、昨年同期を4件上回り、春先(4、5月)では過去10年で最高を更新した。

 出没が目立っているのは別当賀地区(4件)で、このほか落石東、湖南、川口地区が各2件、厚床の明郷地区が1件となっている。特に別当賀、落石東地区では子グマの目撃情報が相次いでおり、親子グマが徘徊しているものとみられる。

 30年度は春先から目撃情報が多発し、秋に入ってもドングリや山ブドウなどクマの食料となる果実の不作から、9月には2桁となる13件の目撃情報が寄せられ、目撃件数は44件で、21年度の28件を大きく上回り、過去10年で最多を更新。毎年、子グマの目撃情報があることから、生息数も「増えているのではないか」とみられている。

 山菜の王者ギョウジャニンニクはシーズンを終え、これからは、コゴミやワラビなどのシーズンに入る。道がまとめた平成元年から27年度までの「ヒグマによる人身事故被害発生状況」によると、この間34件あった人身事故のうち春の山菜シーズンである4、5月の発生件数は13件で、このうち半数以上の7人が死亡している。市では「山菜採りで入山する際は、ヒグマの目撃情報などを確認し、入山する際は家族に帰宅時間を伝えるなど対策を徹底してほしい」と話している。

22日の目撃情報をもとに建てられたヒグマ出没の立て看板

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...