北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

4万人超の来訪花見客【浦河】

ゴールデンウイーク中に満開となり観桜客でにぎわった西舎の優駿さくらロード

 浦河観光協会(木田尚孝会長)は4、5日に主催した第52回「優駿の里浦河桜まつり」の来場者数と、まつり会場近くのサクラ並木「優駿さくらロード」の来訪者数をまとめ発表した。まつり2日間の来場者は過去最高の9500人。サクラ並木(見ごろの1日~9日まで)の来訪者は3万600人で、来訪総数は4万100人。

 西舎の優駿さくらロードの3㌔の並木沿道には約1000本のエゾヤマザクラがあり、並木奥の日高育成牧場内の巨木「百年桜」なども近年注目され、ライトアップによる夜桜観賞も人気を集めている。

 今年のさくらロードの開花は大型連休中の2日で、まつり期間の4、5日も晴れわたり、来場者は昨年の5000人から9割増の記録的な入場数となった。

 観光協会では、まつりと並木開花期間中は天候に恵まれ、10連休と重なり、札幌市営地下鉄への中吊り広告による宣伝効果、新企画の高所作業車による花見などの相乗効果と分析している。

 開花中のサクラ並木(1日~9日まで9日間)の見学者は、日中(午前6時から午後6時半)が2万2200人(1日平均2460人、前年1日1200人)、夜(~午後9時)が8400人(同930人、同400人)で昨年の倍以上。

 10日以降も花が残り、多くの入り込みがあったがカウントはしておらず、来訪実数は「もっと多かった」と見ている。

 観光協会では「今年のサクラ開花期間中の観光客の動向を踏まえ、来年はより多方面からの集客を目指して、さらなる発展を図りたい」とコメントしている。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...