北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「むかわ餃子サーカス」開発 地元食材をアピール-むかわ

むかわの具材をフル活用して開発した新商品「むかわ餃子サーカス」

 むかわ町内の農家や漁師らでつくる「MKW135むかわ食材・食楽プロジェクト」チームがニラやシイタケ、チーズなど町内で生産した食材を使った新しいギョーザ料理「むかわ餃子サーカス」を商品化した。既に地元や近郊の販売先でリピーターが続出する好評ぶりだ。

 地元で独自に活動を展開してきた「北上しいたけ園」「ASUKAのチーズ工房」「中澤農園」「小坂農園」「吉村燻製工房」の5団体が力を結集し、2年ほど前からプロジェクトを開始。豚肉と小坂農園のニラ、北上しいたけ園のシイタケをベースにしたギョーザを完成させた。

 ギョーザは皮にイカ墨を練り込み、タコを具材に交ぜた「吉村さんのタコ入り餃子」、トマトとバジルを練り込んでつくった皮にASUKAのチーズ工房で生産したチーズを具材に交ぜた「ASUKAちゃんのチーズ入り餃子」、中澤農園のだるま芋を刻んで具に交ぜ、皮にほうれん草パウダーを使った「まさはるくんのだるまいも入り餃子」の3種類。小籠包のような形にし、個々の個性を交えたことから「サーカス」と名付けた。

 むかわ町観光協会の荒舘康治事務局長(45)は「皮がモチモチしていて、肉汁が入ってジューシー。それでいて一つ一つの具材がしっかりしている。普通のギョーザとはまた食感が違う。焼きギョーザだけではなく、水ギョーザにしても、蒸して食べてもおいしい」とアピール。売り出してから1カ月半ほどだが、「リピーターも増えてきているし、反応は良い」と手応えも十分のようだ。

 むかわ餃子サーカスは6個入り(各2個)税別550円、12個入り(各4個)980円で町内のぽぽんた市場、苫小牧の宮永商店などで販売。各種イベントなどにも合わせて出店している。問い合わせは、同プロジェクト事務局(むかわ町観光協会内)電話0145(47)2480。

関連記事

日高報知新聞

静内ぺてかり吟社が「郷土俳誌ぺてかり八百号記念合同句集」を発行

【新ひだか】静内ぺてかり吟社(桑島敏会長、会員14人)はこのほど、「郷土俳誌 ぺてかり八百号記念合同句集」(A5版117ページ)を発行した。  合同句集は、岩﨑久子さんの「日日花」、池畠湖山さんの...

日高報知新聞

バス転換でJRと協議 7カ月ぶりの臨時町長会議

【新ひだか】日高管内臨時町長会議が4日、町公民館で開かれ、日高町村会が昨年11月に決めた運休が続くJR日高線鵡川―様似区間(116キロ)のバス転換の方針を受け、JR北海道が提示したバス転換への支援とな...

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス