北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「むかわ餃子サーカス」開発 地元食材をアピール-むかわ

むかわの具材をフル活用して開発した新商品「むかわ餃子サーカス」

 むかわ町内の農家や漁師らでつくる「MKW135むかわ食材・食楽プロジェクト」チームがニラやシイタケ、チーズなど町内で生産した食材を使った新しいギョーザ料理「むかわ餃子サーカス」を商品化した。既に地元や近郊の販売先でリピーターが続出する好評ぶりだ。

 地元で独自に活動を展開してきた「北上しいたけ園」「ASUKAのチーズ工房」「中澤農園」「小坂農園」「吉村燻製工房」の5団体が力を結集し、2年ほど前からプロジェクトを開始。豚肉と小坂農園のニラ、北上しいたけ園のシイタケをベースにしたギョーザを完成させた。

 ギョーザは皮にイカ墨を練り込み、タコを具材に交ぜた「吉村さんのタコ入り餃子」、トマトとバジルを練り込んでつくった皮にASUKAのチーズ工房で生産したチーズを具材に交ぜた「ASUKAちゃんのチーズ入り餃子」、中澤農園のだるま芋を刻んで具に交ぜ、皮にほうれん草パウダーを使った「まさはるくんのだるまいも入り餃子」の3種類。小籠包のような形にし、個々の個性を交えたことから「サーカス」と名付けた。

 むかわ町観光協会の荒舘康治事務局長(45)は「皮がモチモチしていて、肉汁が入ってジューシー。それでいて一つ一つの具材がしっかりしている。普通のギョーザとはまた食感が違う。焼きギョーザだけではなく、水ギョーザにしても、蒸して食べてもおいしい」とアピール。売り出してから1カ月半ほどだが、「リピーターも増えてきているし、反応は良い」と手応えも十分のようだ。

 むかわ餃子サーカスは6個入り(各2個)税別550円、12個入り(各4個)980円で町内のぽぽんた市場、苫小牧の宮永商店などで販売。各種イベントなどにも合わせて出店している。問い合わせは、同プロジェクト事務局(むかわ町観光協会内)電話0145(47)2480。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...