北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく【帯広】

子どもたちに大人気の「すべって育てる!フルーツ畑」(チームラボ提供)

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで動き、来場者の動きに応じて変化する多彩なアート空間6作品を展示する。9月1日まで。

 チームラボは東京大、東京工業大出身のメンバーを中心に立ち上げたプログラマー・クリエーター集団。国内では東京都内の豊洲、お台場などに常設展がある他、海外でも活躍し、未来の遊園地の国内外の累計来場者数は1000万人に達している。

 お台場の「森ビル デジタルアートミュージアム エプソン チームラボ ボーダレス」は昨年11月、開業から5カ月で来場100万人を突破。内部は撮影自由で、SNSなどで魅力が拡散されている。

 帯広での展示は、花でできた動物が動く「花と共に生きる動物達」、来場者が描いた絵が作品に反映される「お絵かき水族館」、滑り台を滑ると花や実が現れる「すべって育てる!フルーツ畑」など。

 「共創(共同的な創造性)」をコンセプトにした教育的プロジェクトで、2020年度から小学校で必修となるプログラミング教育の参考にもなる。

 チケットは大人1400円(前売り1200円)、高大生900円(同750円)、小中生600円(同500円)。未就学児無料。帯広美術館、かちまいサロン(藤丸7階)などで発売中。詳細は同展公式ページ。問い合わせは、同展実行委員会事務局の勝毎光風社(0155・22・7555)へ。

関連記事

室蘭民報

見応えある144点、「一期会」が作品展【室蘭】

 美術団体「一期会」北海道支部の作品展が23日、室蘭市中央町のスーパーアークス室蘭中央店で始まり、多くの市民でにぎわっている。30日まで。  支部長を務める絵鞆町の画家森田哲隆さん(69)と、...

室蘭民報

オーロラLCが初独自イベント、善意の「夏フェス」【室蘭】

 室蘭オーロラライオンズクラブ(室蘭オーロラLC、工藤大拓会長)の「夏フェス」が23日、室蘭市中島町の中島お元気広場で開かれ、親子連れらでにぎわいをみせた。  昨年2月に結成された室蘭オーロラ...

室蘭民報

手づくり作品などを販売するNマルシェが初開催【登別】

 全国各地の手作り作家の作品などを販売するイベント「Nマルシェ」が23日、登別市中央町の登別カルチャースタジオ'05で初めて行われ、ピアスなど作品を買い求める大勢の来場者でにぎわった。  市内柏...

十勝毎日新聞

お待たせホコテン 市中心部 1週間遅れ開幕【帯広】

 帯広市中心部の帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン)が23日、開幕した。フラダンスなどのパフォーマンスや、ベイブレードスタジアムといった子ども向けイベントが藤丸前交差点で繰り広げられ、家族連...

名寄新聞

森で楽しいひとときを・7月6、7日に「森ジャム」【下川】

 森林の恵みを楽しむイベント「森ジャム」が、7月6、7の両日に町内南町の美桑が丘で開かれる。「森のマーケット」「森のステージ」「音楽と星空のバル」「川さんぽツアー」などで盛り上げる。  森ジャム...