北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

春レタスの収穫が最盛期、迎える【伊達】

みずみずしいレタスを手に笑顔を見せる礼子さん

 伊達市内では露地植えの春レタスの収穫が最盛期を迎えている。広瀬農園(広瀬隆一さん経営)では、早朝から隆一さんや跡継ぎの長男らが作業に励んでいる。今年のレタスも甘く、シャキシャキした歯ごたえが楽しめる。

 3月下旬に苗を定植し、5月20日ごろから収穫が始まった。今季は雨が少なく、はしりはやや小ぶりだったが、現在は大きさも例年通り。毎朝、一つ一つ玉なりが良く硬すぎず、柔らかすぎない直径15センチほどのレタスを選ぶ。包丁を入れ刈り取ると、切り口から水分があふれ出るほどみずみずしい。

 収穫は6月下旬まで続く。生のサラダで食べるのが一番だが、隆一さんの妻・礼子さん(55)は「しゃぶしゃぶも最高です。いくらでも食べられますよ」と薦めている。

 松ヶ枝町の市観光物産館では1玉、100円前後で販売している。
   ◇
 問い合わせは伊達市観光物産館、電話0142・25局5567番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

カフェ「フォーシーズン」 「安くいっぱい」思いメガ盛り【上士幌】

 地域住民らから長年愛されてきた上士幌町のカフェ「フォーシーズン」(上士幌東3線)の名物といえば、4合もの白米を使った「オムライス・大」(1260円)。新聞やテレビなどで取り上げられたこともある名...

十勝毎日新聞

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア【帯広】

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

十勝毎日新聞

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく【新得・音更】

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

十勝毎日新聞

畜大酒蔵「碧雲蔵」が日本酒の福袋販売【帯広】

 帯広畜産大内に今春開設された酒蔵「碧雲蔵」(帯広市稲田町西2線)で醸造した日本酒の福袋が、来月2日から数量限定で販売される=写真。  酒蔵は上川大雪酒造(上川管内上川町)などが建設した。大...

十勝毎日新聞

新年待つ「口取り菓子」 お菓子のまさおか【芽室】

 今年も残すところわずかとなり、十勝管内のスーパーや菓子店では正月の縁起物「口取り菓子」が並んでいる。芽室町の老舗「お菓子のまさおか」(正岡崇社長)でも、タイやツルなどの形に整えた色鮮やかな和...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス