北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

東大・遠藤教授が室栄でSSH講演、動物死体から進化探る【室蘭】

動物の死体を解剖、標本として残す意義を語る東大総合研究博物館の遠藤教授

 死んだ動物の解剖を手掛け、パンダの7本目の指を発見したことで知られる東京大学総合研究博物館の遠藤秀紀教授(54)が11日、室蘭栄高校で講演した。「死体は『進化の歴史書』。体の謎を解き明かし、標本として未来に語り継いでいくため、命懸けで取り組んでいる」と全校生徒約700人に意義を語った。

 同校は2015年度(平成27年度)から5年間、理科系教育を重点的に進める文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定校。講演はSSH事業の一環で開催した。

 遠藤教授は、死んだ動物を解剖して進化の歴史を研究しながら、標本に残して未来の研究に役立てる「遺体科学」を提唱している。「死体に尋ねる五億年」と題し、動物の進化の過程などを実際に解剖を手掛けたパンダやオオアリクイなどの事例を基に紹介した。

 動物園から動物が死んだとの連絡をもらった際に「何十年も命を懸けて飼ってきて遠藤さんより詳しい。けれど死んでしまうと何もしてやれない」と吐露する飼育員の逸話を披露し「科学はそれほど偉くない。何かを発見できてもたまたまで多くの支えがあってこそ。謙虚に振る舞わないといけない」と実感を込めた。

 日々「死」と向き合う中で、死や死体から隔離された現代社会や、解剖実験は残酷という批判、食品は安全というアリバイが感謝の気持ちよりも優先される今日をちょっと変と思うようになったという。「好きなことに突き進むうちにふと見えてきた大切なこと」と述べ、生徒には動物園のあり方の是非をはじめ、押し付けではない議論を続けるよう促した。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...