北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「4号機」年内打ち上げへ着々 IST「MOMO」開発【大樹】

開発が進むMOMO4号機

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)による観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機の開発が、順調に進んでいる。宇宙空間(高度100キロ以上)に到達した3号機の後継機で、打ち上げは年内の早い時期を予定している。同社は「3号機と同一の機体を作り、同一の結果を得られるかがポイント。成功すれば量産化への大きな一歩となる」と話している。

 3号機は5月4日に町内で打ち上げられ、最大高度113.4キロを計測。国内の民間企業が単独開発したロケットとして、初めて宇宙空間に到達した。4号機は全長約10メートル、直径50センチで、3号機から大きさの変更や大幅な改良点はない。

 ISTは3号機の打ち上げ後、データ解析を進めながら4号機の開発に着手。今月初めに機体構造の組み立て作業を完了し、配管の組み込みを進めていた。12日からIST東京事務所が開発した電子機器を搭載する作業を行っている。電子機器は3号機のデータ分析を反映し、ソフトウエアの一部を修正した。

 3号機に続いて機体開発を統括するプロジェクトマネジャーの植松千春さん(25)は、「開発はちょうど折り返し地点を過ぎたぐらい。ロケットの継続的な打ち上げに向けて、4号機は重要な役割を担う」と話している。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...