北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

飲食施設「かぜのなかにわ」15日オープン【中札内】

「かぜのなかにわ」をオープンする時安社長(中央)と東海林料理長(左)、二瓶チーフ

 せっけんや化粧品などを販売する「おすや」(中札内村東戸蔦、時安宏幸社長)は15日、村内の大通南3で、和食料理店「はなもえぎ」とカフェ「muguet(ミュゲ)」を併設した「かぜのなかにわ」をオープンする。カフェの開店は17日。時安社長(58)は「誰でもくつろげる場所をつくり、地域活性化につながれば」と話している。

 同社が取得した土地の利用方法を模索する中、「家族連れが食事できるところを」と飲食店に行き着いた。「かぜのなかにわ」には、「新しい人の流れを」との思いを込めた。

 和食料理店「はなもえぎ」は、昨年8月まで帯広市内の日本料理店「味処しょうじ」を営んでいた東海林篤さん(40)が料理長に就く。昼はそばや重ものなどの定食、夜は単品料理や酒類、コース料理などが楽しめる。席数は小上がりやテーブルの計37席。店名は、村をイメージする農村地帯や花の緑色に由来。東海林さんは「気兼ねなく立ち寄ってほしい」と話している。

 カフェは「muguet(ミュゲ)」の店名で、市内のカフェ店などに勤めていた二瓶真紀さん(41)がチーフを務める。提供するのは、コーヒーやスムージーなどのドリンク、ピラフやホットサンド、パフェなど。席数はテーブルとカウンターの16席。キッズルームや授乳室も完備。店名は、村の花「スズラン」を意味するフランス語に由来。二瓶さんは「どなたでも気軽に来てほしい」と話す。

 「かぜのなかにわ」では、おすやのせっけんや入浴剤の他、村内の作家による雑貨、帯広の雑貨店の小物なども並ぶ。

 「はなもえぎ」は、昼の部午前11時~午後2時、夜の部午後5時半~同9時、ラストオーダーは閉店30分前。第1・第3水曜定休、第2・第4・第5水曜は昼の部のみ営業。「ミュゲ」は、午前9時半~午後4時半、第1・第3水曜定休。問い合わせは共通で「かぜのなかにわ」(0155・67・0021)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...