北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

飲食施設「かぜのなかにわ」15日オープン【中札内】

「かぜのなかにわ」をオープンする時安社長(中央)と東海林料理長(左)、二瓶チーフ

 せっけんや化粧品などを販売する「おすや」(中札内村東戸蔦、時安宏幸社長)は15日、村内の大通南3で、和食料理店「はなもえぎ」とカフェ「muguet(ミュゲ)」を併設した「かぜのなかにわ」をオープンする。カフェの開店は17日。時安社長(58)は「誰でもくつろげる場所をつくり、地域活性化につながれば」と話している。

 同社が取得した土地の利用方法を模索する中、「家族連れが食事できるところを」と飲食店に行き着いた。「かぜのなかにわ」には、「新しい人の流れを」との思いを込めた。

 和食料理店「はなもえぎ」は、昨年8月まで帯広市内の日本料理店「味処しょうじ」を営んでいた東海林篤さん(40)が料理長に就く。昼はそばや重ものなどの定食、夜は単品料理や酒類、コース料理などが楽しめる。席数は小上がりやテーブルの計37席。店名は、村をイメージする農村地帯や花の緑色に由来。東海林さんは「気兼ねなく立ち寄ってほしい」と話している。

 カフェは「muguet(ミュゲ)」の店名で、市内のカフェ店などに勤めていた二瓶真紀さん(41)がチーフを務める。提供するのは、コーヒーやスムージーなどのドリンク、ピラフやホットサンド、パフェなど。席数はテーブルとカウンターの16席。キッズルームや授乳室も完備。店名は、村の花「スズラン」を意味するフランス語に由来。二瓶さんは「どなたでも気軽に来てほしい」と話す。

 「かぜのなかにわ」では、おすやのせっけんや入浴剤の他、村内の作家による雑貨、帯広の雑貨店の小物なども並ぶ。

 「はなもえぎ」は、昼の部午前11時~午後2時、夜の部午後5時半~同9時、ラストオーダーは閉店30分前。第1・第3水曜定休、第2・第4・第5水曜は昼の部のみ営業。「ミュゲ」は、午前9時半~午後4時半、第1・第3水曜定休。問い合わせは共通で「かぜのなかにわ」(0155・67・0021)へ。

関連記事

苫小牧民報

日本を代表する選手を 駒大苫高女子硬式野球部、監督・ユニホーム発表

 駒大苫小牧高校(笹嶋清治校長)は20日、来年4月に創部する女子硬式野球部の監督就任の決定とユニホーム発表の記者会見を同校で開いた。監督に決まった茶木圭介男子野球部副部長(41)は「女子野球の発...

苫小牧民報

豪空軍の戦闘機到着 日豪共同訓練、関係の成長と強化を-空自千歳基地

 航空自衛隊がオーストラリア空軍と国内を拠点に実施する初の日豪共同訓練、「武士道ガーディアン19」に参加する豪空軍戦闘機6機が20日、航空自衛隊千歳基地に到着した。同基地で出迎え行事が行われ、豪...

苫小牧民報

熱く応援、快勝に歓声 ラグビーW杯、新千歳でPV

 新千歳空港の旅客ビル会社、新千歳空港ターミナルビルディングは20日、開幕したラグビーワールドカップ日本大会の日本―ロシア戦のパブリックビューイング(PV)を国内線ターミナルビル4階の映画館「新千...

日高報知新聞

野々村社長の予想も【日高】

【日高】「北海道コンサドーレ札幌DAY」が17日、ホッカイドウ競馬開催中の門別競馬場で開かれた。  当日のレースは12R北海道コンサドーレ札幌特別、2Rドーレくん賞、4R宮の沢白い恋人サッカー場...

日高報知新聞

小学生42人が参加し【浦河】

 自然体験事業「うらかわサマーキャンプ」が14、15の両日、浦河町野深の自然体験実習館「柏陽館」で開かれた。  町内の小学校3~6年生42人(男子15人、女子27人)が参加して学校間交流や自然体験学習...