北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

仕込み水に使用する「甘露法水」をくむ寿浅の社員

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘露法水」を仕込み水にそれぞれ使用。7月下旬の発売を目指している。

 同社が手掛けた伊達の地酒は、1991年(平成3年)3月に伊達産の「きらら397」を使い、栗山町で醸造した「伊達家紋」に続く2作目。今年の伊達150年に合わせて企画した。

 材料は全て伊達産にこだわっている。原料米は「ななつぼし」と「ほしのゆめ」。地下およそ380メートルから湧き出ている「甘露法水」を使い商品名にもした。

 醸造は小樽市の田中酒造に依頼。11日に仕込みを始め、7月5日に上槽、同23日の販売開始を目指す。製品化に先立ち、搾ってすぐの「超新鮮しぼりたて」を7月10日ごろに限定販売する。無ろ過で非熱殺菌、超微発泡タイプの酒になるという。

 7日には、寿浅社長ら同社の社員4人が三階滝公園を訪れ、千リットルの湧き水をくみ、そのまま小樽まで搬送した。

 製造予定は1700リットルで、販売は300ミリリットル、720ミリリットル、1・8リットルの3種類でいずれも瓶詰め。価格は後日決定し、同社で運営する各店舗や伊達市観光物産館などで扱う。

 寿浅社長は「伊達の人たちがこの地酒で乾杯し、楽しんでくれればと思う」と願いを込めていた。

関連記事

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。  特別純米酒の原料となる...

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェ...

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がり...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

十勝毎日新聞

「優しいあんこ」食べて魅力発信 なつぞら応援推進協【十勝】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」応援推進協議会(梶原雅仁会長)は19日、ドラマの主題歌でスピッツの新曲「優しいあの子」の発売に合わせ、スイーツ王国・十勝の魅力を発信する「優しいあんこ」企画をスタ...