北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白鳥大橋で未来の道路技術者が高所舗装工事体験【室蘭】

アスファルトを敷きならす建設機械を見学する大学生たち(右側)

 白鳥大橋の舗装補修工事を請け負っているNIPPO北海道支店(札幌市、石川栄男支店長)は12日、北海道科学大学(札幌市)の学生を対象に現場見学会を行った。道路技術者の卵となる学生たちは工事現場の空気を肌で感じ、建設業の仕事のイメージを膨らませた。

 業界の持続的な発展のために優秀な人材の育成・確保に貢献しようと、同社が昨年から行っている事業。今回の参加は同大工学部都市環境学科4年で建設会社に内定している8人。

 開通から21年が経過した白鳥大橋は、5年計画で橋梁(きょうりょう)の老朽化対策をしており、ひび割れなどが発生している舗装を取り換える工事を進めている。4年目の今年の工期は3月12日~9月24日で、5月8日~7月25日に片側交互通行を規制している。現在の工事進捗(しんちょく)率は約40%。

 学生たちはNIPPO北海道支店の広瀬史生技術センター技術課長らの説明を受けながら、防水性、たわみ性、耐衝撃性に優れた特殊なアスファルトを舗装している様子を見学。約220度までアスファルトを加熱しながら運ぶ車両やアスファルトを厚さ4センチ、幅3.7メートルに敷きならす建設機械などに見入っていた。

 工事監理技術者の渡邊泰広さんは「舗装した箇所は外からも見えるので、自分がやったところだとずっと自慢になります」とやりがいを話した。参加した山田直樹さんは「将来やることを間近で見られて良い経験になりました」と気持ちを新たにした。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...