北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

力士が間近で迫力稽古 むかわで初の合宿スタート-大相撲・友綱部屋

合宿朝稽古で激しいぶつかり合いを繰り広げる力士。左が旭大星

 大相撲の友綱部屋は胆振東部地震で被災したむかわ町を元気づけようと、11日から町内で合宿をスタート。12日午前、鵡川神社にある土俵で朝稽古を始めた。暖かな日差しが差し込む中、力士たちは土まみれになりながら激しいぶつかり合いを繰り広げて汗を流し、見学に訪れた町民らを喜ばせた。

 昨年末に胆振東部地震の被災地支援で友綱親方(元関脇・旭天鵬)が同町を訪れ、ちゃんこを振る舞ったことがきっかけで実現した今回の合宿。同部屋がむかわ町で合宿を行うのは初めてで、友綱親方をはじめ、幕内の魁聖、旭川市出身の旭大星らスタッフと現役関取を含む12人が11日から町内に宿泊し、17日までみっちり稽古を積む。

 初日は町内外から大勢の人が足を運び、力士の迫力ある稽古に見入った。見学に訪れた町内に住む60代の女性は「テレビでしか見たことがなかったけれど、生で見るとすごい迫力がありますね」と目を丸くしていた。

 初日の稽古を終え、友綱親方は「昨年末に軽い感じで話していたことがまさか実現するとは。いろんな人の協力で成り立っているのを肌で感じる。朝早くから町民が来てくれた」と喜び、町の印象について「土俵もあるし、良い宿泊施設、温泉もある。生で相撲を見て身近に感じ、少しでも心が和んでくれたら」と話していた。

 朝稽古は期間中、午前8時から10時30分まで、鵡川神社で行われ、一般にも無料で公開。またこの間、地元の小学校や福祉施設を慰問するほか、16日には子ども相撲交流会や正午からは道の駅「四季の館」で400食限定の「振る舞いちゃんこ会」を予定している。

関連記事

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

高まる存在価値・活発な地域交流を期待  「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。  宮蘭フェリー航...

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(中)【室蘭・宮古】

高規格「三陸沿岸道路」・全面開通は来年度予定  「三陸沿岸地域の産業振興に大きく寄与すると確信している」。岩手県の達増拓也知事が期待を寄せるのは、22日午後の県沿岸を縦貫する高規格道路「三陸...