北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サービスに

全路線で機内販売しているハスカップティー

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンクサービスとして提供される。大西代表は胆振東部地震で被災した厚真町産のハスカップを原料にしていることを挙げ、「全国にアピールして地元の元気につなげたい」と話している。

 同社は地域の特産品を使った商品開発を手掛けており、ハスカップティーは創業した1992年から販売している人気商品。生産量日本一の厚真町産ハスカップを原料に粉末と果汁を紅茶にブレンドし、フルーティーな香りに加え、爽やかな酸味とほのかな甘みを楽しめるのが特徴だ。

 AIRDOは、2008年の就航10周年など節目の年に、同商品を機内で期間限定販売している。今回は胆振東部地震の被災地を応援しようと、ハスカップ収穫時期の6~7月に合わせて行っている。

 機内販売品は同社キャラクターのベア・ドゥのロゴ入り缶にティーバッグ7個を入れて700円(税込み)で販売。3000個を発注した。7月の1カ月間は全路線で機内ドリンクサービスとして乗客に提供し、厚真町のPRに一役買う方針だ。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...