北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

名寄産酒米を使用した特別純米「上川大雪」

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。

 特別純米酒の原料となる酒米「彗星」は、風連町瑞生で米農家を営んでいる今村芳彦さんが栽培したもの。名寄の基幹産業である農業の新たな可能性を探るとともに、日本一もち米の里名寄の特色を生かした試みを―と実施。一方で、道内酒蔵メーカーが日本酒の原料に使う酒米に占める道産比率は年々、高まりをみせている。

 株式会社もち米の里ふうれん特産館によると、特別純米「上川大雪」の生酒は、上川大雪酒蔵で1600本を製造。このうち道の駅なよろで、限定420本を販売。このうち160本がすでに予約販売となっている。

 原材料は酒蔵好適米「彗星」100%使用。精米歩合60%。アルコール度数16度。生酒のため保存は要冷蔵で、特有の味わいやフルーティーなみずみずしさが特徴。

 道の駅なよろでは、地場産素材を活用した商品を広くPRしようと、店内奥側に特別純米酒「上川大雪」の特設コーナーを設けた。

 同特産館業務部営業課長の木戸口哲さんは「販売前から問い合わせがあり、消費者の関心の高さが感じられる」とし、店頭での売れ行きも好調という。7月中旬には火入れ(加熱処理)した特別純米酒「上川大雪」が販売予定。

 特別純米「上川大雪」の生酒は720ミリリットル入り、1728円(税込み)。問い合わせは、ふうれん特産館(01655-3-2332)まで。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...