北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

地元産酒米を使用の特別純米酒「上川大雪」数量限定販売【名寄】

名寄産酒米を使用した特別純米「上川大雪」

 名寄市風連産米を使用した特別純米酒「上川大雪」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、20日から販売開始。道の駅もち米の里☆なよろで、数量限定で取り扱っている。

 特別純米酒の原料となる酒米「彗星」は、風連町瑞生で米農家を営んでいる今村芳彦さんが栽培したもの。名寄の基幹産業である農業の新たな可能性を探るとともに、日本一もち米の里名寄の特色を生かした試みを―と実施。一方で、道内酒蔵メーカーが日本酒の原料に使う酒米に占める道産比率は年々、高まりをみせている。

 株式会社もち米の里ふうれん特産館によると、特別純米「上川大雪」の生酒は、上川大雪酒蔵で1600本を製造。このうち道の駅なよろで、限定420本を販売。このうち160本がすでに予約販売となっている。

 原材料は酒蔵好適米「彗星」100%使用。精米歩合60%。アルコール度数16度。生酒のため保存は要冷蔵で、特有の味わいやフルーティーなみずみずしさが特徴。

 道の駅なよろでは、地場産素材を活用した商品を広くPRしようと、店内奥側に特別純米酒「上川大雪」の特設コーナーを設けた。

 同特産館業務部営業課長の木戸口哲さんは「販売前から問い合わせがあり、消費者の関心の高さが感じられる」とし、店頭での売れ行きも好調という。7月中旬には火入れ(加熱処理)した特別純米酒「上川大雪」が販売予定。

 特別純米「上川大雪」の生酒は720ミリリットル入り、1728円(税込み)。問い合わせは、ふうれん特産館(01655-3-2332)まで。

関連記事

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...

室蘭民報

自慢の「ほうれん草」ぜひ、木村大作農園が出荷【壮瞥】

 壮瞥町滝之町の木村大作農園(木村大作さん経営)は、昨年12月下旬から食品スーパー地場大手・ウロコ(本社・伊達市松ヶ枝町、斎藤光太郎代表取締役)に「寒締めちぢみほうれん草」の出荷を始めた。「地元...