北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

試される航路、宮蘭フェリー就航1年(下)【室蘭・宮古】

就航便が到着した22日、室蘭からの市民を出迎える水色のタオルを振る宮古関係者。人流の加速に期待が集まる

高まる存在価値・活発な地域交流を期待

 「『海の道』がつながった市民交流のお手伝いをしたい」。室蘭市町内会連合会の沼田俊治会長は宮古市の自治会との交流を心待ちにしている。

 宮蘭フェリー航路の旅客数は堅調に推移している。「両市に魅力的な観光地がある」(観光協会関係者)ため、旅客もフェリー継続には重要な要素となる。

 就航時に宮蘭航路を運航する川崎近海汽船の赤沼宏代表取締役社長は「人流は必要不可欠。人の行き来が増え、室蘭が栄えれば自然と貨物が増える」と述べ、相乗効果により増便の可能性も視野に入るとの考えを示していた。

 室蘭・伊達の旅行会社は就航1周年に合わせた室蘭発記念ツアーを売り出し、宮古の魅力を発信する取り組みを進める。フェリー到着時間(午前6時)が早い状況を生かし、浄土ヶ浜や世界遺産の中尊寺(金色堂)など観光スポットを巡るツアーを打ち出した。

 栗林トラベル・サポート(室蘭)は北海道新幹線との相乗効果に期待を寄せる。宮古だけではなく盛岡や花巻、一関など宮古周辺自治体を巡り、最後に新幹線で北海道に戻るルートを組み込んだ。室蘭市勤労者共済センターも利用者助成で後押しする。

 田辺竜一所長は「復路に新幹線を活用することで3日間全て観光を楽しめるツアー内容にできる。充実した時間を過ごしていただきたい」と話し、手応えを感じている。

 ただ、就航1年が経過するが、両市として利点を最大限に生かせていないのが現状だ。宮古市の旅行会社・リアス観光の大久保長福会長は「宮古からは使い勝手が悪い」と指摘。室蘭・宮古両市の観光は「広域観光にならざるをえない」と副次的要素にとどまると話した。

 岩手大三陸復興・地域創生推進機構の今井潤教授は、宮古―仙台間の三陸縦貫自動車道が2021年までに完成することで、「(物流面は)この1年はなかなか集荷量が上がらないと思うが自動車道の完成に伴い、自然と増大する」と見通した。

 観光やビジネス以外でも宮蘭航路の存在価値は高まっている。東日本大震災を機に、岩手県に縁がなかった若者や1度首都圏で就職した学生が宮古市を元気にしようと観光の企画やゲストハウスをつくるなどの活動が活発化している。

 今井教授は「室蘭で地域を元気にする取り組みをしている若者たちともつながった相互の魅力発信」に期待を示し、定期的な「割引キャンペーンを企画することは重要」と指摘。「大学生のSNS発信力を活用したPR企画も効果的だと思う」と強調した。

 宮蘭航路をさらに勢い付けるには、人流の加速が必須となる。解決すべき課題はまだ多い。

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...