北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャンセルなどで減収、減益となったが、8年連続で黒字を確保した。

 アエルを運営する同社(資本金1億円)は、町が51%を出資する第3セクター。厳しい経営環境の中、現在は債務超過の経営から再建中。金融機関からの借り入れができず、毎年町から1億円以上の短期借り入れをしている(30年度借入金1億4300万円)。

 第22期(平成30年4月~31年3月)の売上高は前期比0・9%減の2億5099万円(前期2億5337万円)、当期純利益は前期比20・2%減の160万円。

 宿泊部門の売り上げは前期比1・2%増の9066万円。9月の地震後、1000万円近い直接キャンセルが発生している。

 ただ、年間を通しネット予約が好調で、ネット予約宿泊者は前期から14%増加。宿泊者限定のJRA日高育成牧場見学ツアー(30年度2022人)などが売上増につながった。

 レストランは前期比5%増の6758万円、宴会・会議は1・6%減の2892万円。軽食は14%減の456万円。

 入浴部門の利用者は前期比5%減の7万1846人、売上は同3・9%減の2517万円。乗馬部門は中堅スタッフの退職と乗用馬不足で、売り上げは26・5%減の1016万円。

 本年度23期の計画売上高は22期比で2・6%増の2億5757万円、純利益は同約3倍の467万円を見込んでいる。

 社長の池田町長は「再建はまだ道なかば。昨年の胆振東部地震後にも全国で大きな地震が発生している。リスクを見据え売り上げを伸ばすよう取り組みたい」と述べた。

 役員改選で、本巣俊光監査役(任期は2020年まで)の退任に伴い、木村晃悦さん(51)を新任した。監査役残任期間は1年。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...