北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

渡島管内2018年度観光客数

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふっこう割」や、3月に開業した七飯町の道の駅「なないろ・ななえ」の集客が好調だったことなどから約30万人の増加。訪日外国人の宿泊客数は同比8・6%増の約64万人で、7年連続で調査開始以降最多となった。

 観光客入込数を過去10年で振り返ると、最も多かったのは北海道新幹線が開業した16年度の1267万人。翌17年度は前年の反動減から1171万人と減少したが、18年度で再び増加に転じた。「道新幹線の開業とその反動減があったものの、11年度以降はほぼ増加基調にあると捉えている」(渡島総合振興局商工労働観光課)。

 入込数を市町別にみると、最も多い函館市は前年比0・3%増の526万1000人で構成比は43・8%。9月の台風21号や胆振東部地震の影響で9、10月は数字を落としたが、ふっこう割などの効果から下期(10~3月)は前年同期比7・8%増の201万人にまで持ち直した。

 北斗市の入込数は前年度比24%減の75万8000人(構成比6・3%)と減少したものの、新函館北斗駅前に昨年開業したホテルにより宿泊客数は同比11・3%増の9万8000人と増加している。七飯町は同道の駅の好調などから、入込数は同比26・8%増の233万1000人(同19・4%)と函館市に次いで多い。

 管内の訪日外国人宿泊客数は前年度比で約5万人増加し、09年度の調査開始以降過去最多を記録。国・地域別にみると、台湾が同比4・7%減の30万人と前年を割るも最多。次いで中国が同比23・3%増の14万人。タイが同比40・6%増の4万9000人。月別にみると9月が最も少なく、12~2月がピークだった。

 同課は「新千歳空港の国際定期便の新規就航や、降雪のないアジア圏からの冬季観光人気が数字に表れた」とする一方、「アジア圏からの観光に依存するリスクを減らすためにも、消費単価の高い欧米からの観光客誘致にも力を入れていきたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝チーズ発信 52種類提供 振興局イベント【東京】

 十勝総合振興局は11日、都内の飲食店「お取り寄せダイニング十勝屋」で、十勝チーズのPRイベントを開いた。参加者は個性豊かなチーズの食べ比べなどを通し、チーズ王国・十勝の魅力を満喫した。  ...

十勝毎日新聞

横断中の事故続発 「運転手の右側から」特に注意【十勝】

 今秋、十勝管内では歩行者が道路を横断中に車にはねられる事故が続発している。重傷事故で特に見られるケースが「右からの横断者」。近い歩道側である左からの横断者に比べ、対向車線を渡ってくる歩行者に...

室蘭民報

軽快ジャズで640人を魅了、翔陽中が定期演奏会【室蘭】

 室蘭市翔陽中学校ジャズバンド部(飯尾姫奈部長)の9th定期演奏会が10日、幸町の室ガス文化センターで開かれ、部員26人が今年の集大成となる演奏で、来場した約640人を魅了した。  定演は3部...

室蘭民報

150年の思い咲け…桜の名所誕生へ50本を記念植樹【伊達】

 伊達150年を記念した植樹祭が10日、伊達市館山町の館山公園で行われた。参加した市民らは新たな桜の名所誕生への祈りを込めて、50本の苗木を植え付けた。  公園内のサクラがてんぐ巣病にかかり、...

室蘭民報

市老人クラブ連合会の創立55周年記念誌が完成【室蘭】

 今年で創立55周年を迎えた室蘭市老人クラブ連合会(市老連、藤田佳伸会長)が記念誌を作製した。A4判のパートカラー90ページ。14日に入江町のホテルセピアスで開催する祝賀会で配布する。  同会...