北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

29、30日の室工大・明徳祭に向け赤フンが連夜声からす【室蘭】

赤フン行列に向け寮歌の練習に打ち込む1年生

 室蘭工業大学の学生寮・明徳寮の寮祭「第73回明徳祭」が29、30の両日、市内水元町の明徳寮で開かれる。今年は2年ぶりに、お笑い芸人2組を招いたステージを企画。中島町内では初日の夜、恒例の「赤フン行列」があり、ふんどし姿の寮生が山車とともに威勢よく商店街を練り歩く。本番を目前に控え連日、夜遅くまで練習に打ち込んでいる。

 前夜祭の「赤フン行列」は29日午後7時から、中島町のシャンシャン通りで開かれる。寮生約100人が、はかま姿の「リーダー長」を担ぎ、寮歌数曲を歌いながら約2時間をかけて行列をつくる。会場ではshanしゃん共和国建国34年記念のビアガーデンもある。

 寮祭は30日が本祭。メイン企画は、お笑い芸人「おばたのお兄さん」、お笑いコンビ「ピスタチオ」(午後4時半)の2組のステージ。YOSAKOIソーランのステージは、地元の室蘭百花繚蘭(午前10時半)、AJG KIDS(午前11時半)の2組が演舞する。景品が当たるビンゴ大会(午後1時半)は抽選券を1人3枚無料配布し、楽しんでもらう。このほか地元の商店らが出店を構えたり、寮全体を使ったスタンプラリーもある。

 寮では1年生が6月に入りほぼ毎日1時間、先輩の厳しい指導の下、寮歌の練習に打ち込んでいる。

 18日午後8時すぎ、寮内にある食堂。緊張感が張り詰め、汗臭さが充満していた。直立不動で寮歌を歌い続けるのは1年生。寮歌は15曲あり本番に向け、その多くを覚える必要がある。先輩の叱咤(しった)は容赦なく、げきが飛ぶたび、膝を折って返事を繰り返していた。

 その1年生、今年は入寮者が少なく、準備作業は苦労の連続という。それでも寮の存在を広く知ってもらおうと「発信」と「地域貢献」を掲げ、イタンキ浜の清掃をはじめ、さまざまなボランティア活動に積極的に参加して「行動する寮生」を市民に印象付けてきた。

 実行委員長の伊林大河さん(20)=情報電子工学系学科3年=と、事務局長の小椋圭修さん(20)=機械航空創造系学科3年=は「地域貢献や地域交流を大事に活動し、寮祭が終わっても続けます。身内だけではない、まちの人を巻き込んだ、次につながるような祭りにしたい」と意気込んでいる。

関連記事

十勝毎日新聞

地元の食ずらり 道の商品券使用も 藤丸で大収穫市【帯広】

 「とかち大収穫市うまいもんまつり」が12日午前、藤丸7階催事場で始まった。道が発行する「プレミアム付どさんこ商品券」が十勝管内で使える初の機会とあって、多くの人が訪れた。17日まで。  藤...

十勝毎日新聞

動画で駅前ともそう コロナ禍・イルミネーション事業【帯広】

 冬の帯広中心部を電球の明かりで彩る「おびひろイルミネーションプロジェクト」が、28日~来年2月23日の予定で展開される。20回目の今年は初の試みとして、「コロナ禍を明るく乗り切ろう」をテーマにメ...

十勝毎日新聞

菊まつり 密避け楽しんで 規模縮小、人数制限や検温も【帯広】

 晩秋に彩りを添える「第51回おびひろ菊まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が31日、5日間の日程で帯広市内のとかちプラザで始まる。十勝では新型コロナウイルス禍で初めての大規模イベント。例年より...

十勝毎日新聞

黄金色 イチョウのライトアップ開始【音更】

 音更町のむつみアメニティパーク(木野西通13)沿いの木野北通で25日、イチョウ(銀杏)並木のライトアップが始まった。黄金色に色づいたイチョウの葉が照らされ、通りを歩く人の目を引いている。 ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス