北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

夏本番に入りスイートコーンが収穫期を迎える【伊達】

スイートコーンを手に笑顔を見せる山本さん

 7月に入りいよいよ夏本番を迎える伊達市内では、収穫する作物の種類が日に日に増えている。上長和町の農園・やまけんや(山本健市代表)のハウス内では、スイートコーンが収穫期を迎えた。山本さんが1本1本の先端を触り、膨らみなどを確認して丁寧に手もぎしている。

 品種は甘みが強く、黄色と白色の実がなる「ハーモニーショコラ83」。ハウス2棟に計340平方メートルほどで栽培している。今季は3月末に種をまいた。4月の高温など、温度管理に苦労したというが、ぐんぐんと成長し、今ではハウスの天井に届くほど。

 収穫は6月下旬にスタート。「例年同様、とても甘くできています。ぜひ、ご賞味を」とにっこり。7月中旬ごろまで楽しめる。それ以降は露地ものが出てくるという。

 市観光物産館では〝はしり〟の現在、1本330円前後で販売している。

   

 問い合わせは山本さん、携帯電話090・6694・5599へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...

室蘭民報

自慢の「ほうれん草」ぜひ、木村大作農園が出荷【壮瞥】

 壮瞥町滝之町の木村大作農園(木村大作さん経営)は、昨年12月下旬から食品スーパー地場大手・ウロコ(本社・伊達市松ヶ枝町、斎藤光太郎代表取締役)に「寒締めちぢみほうれん草」の出荷を始めた。「地元...