北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地酒 甘露法水の超新鮮しぼりたてがきょうから限定販売【伊逹】

10日から限定販売する「伊達 甘露法水」の「超新鮮しぼりたて」

 小売り、流通、サービス業の寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)はきょう10日から、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の「超新鮮しぼりたて」を限定(100本)販売する。今回の地酒は伊達150年に合わせて企画し、伊達産の米と同市大滝区の三階滝公園内の湧き水を仕込み水に使った特別純米酒で、すっきりした口当たりに仕上がっている。今後、通常品や甘酒も順次販売していく予定。

 原料米は地元産の「ななつぼし」と「ほしのゆめ」。地下約380メートルから湧き出ている「甘露法水」を仕込み水に使用。小樽市の田中酒造に製造を依頼した。

 「超新鮮しぼりたて」は無ろ過、非熱殺菌で超微発泡タイプ。アルコール度数は17度。やや辛口だが、すっきりしており、最初は舌の上でピリピリとした感触があるが、時間とともにまろやかな味わいに変化していくという。瓶には「伊達150年」の肩ラベルが付く。1本720ミリリットル、価格は3240円(税別)。

 通常品は25日に販売予定。火入れ、殺菌を行うと、よりまろやかな味わいになるという。価格は1・8リットル3千円(同)、720ミリリットル1650円(同)、300ミリリットル800円(同)。8月中旬に販売開始を予定している甘酒(ノンアルコール)は500グラム550円(同)。

 取り扱いは、寿浅本店本店営業部(山下町)、酒類専門店リカーマックス(梅本町)、伊達市観光物産館(松ヶ枝町)で。

 寿浅社長は「本当に良い出来。蔵元もびっくりするぐらいだった。多くの人に味わってほしい」と話している。

 問い合わせは寿浅本店本店営業部、電話0142・23局2257番へ。

関連記事

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...