北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

宮腰北方相と元島民らが意見交換【根室】

冒頭あいさつする宮腰内閣府特命担当相

 宮腰光寛内閣府特命担当相(沖縄及び北方対策)は10日根室入りし、千島会館で千島歯舞諸島居住者連盟根室支部の元島民らと意見交換を行った。

 宮腰担当相は9日に羅臼町で、10日に中標津町、標津町、別海町で千島連盟や地元関係者らと意見交換を行った後、根室市入り。千島会館で同連盟根室支部と意見交換を行った。

 宮腰担当相は冒頭あいさつの中で、「千島連盟根室支部の役員の皆さんには、北方領土返還要求運動原点の地の元島民の会として返還運動の先頭に立って、頑張っていただいている」と感謝を述べ、「ぜひこういう機会にいろんな意見を聞かせてもらい、来年度の概算要求も視野に入れながら皆さんの話を聞きたい」と話した。

 同行した伊東良孝衆議は「宮腰大臣は根室地区に入るのは45回目ということで、国会議員の中では誰よりもこの地域をよく知り、そしてまた勉強され、思いが一番ある。きょうは元島民の皆さんの思いを宮腰大臣にぶつけてもらい、要望を聞かせてもらえればと思う」とあいさつした。

 千島連盟の河田弘登志副理事長は「私たちは長い間、いまだ帰れない北方領土を目の前にしながら毎日いつ帰れるか、そういう中で返還運動を一生懸命やってきているつもりです」と述べ、8月か9月に行われる予定の航空機墓参について「もう少し行ける所の範囲を広げてほしいという声が非常に大きい」と要望した。

 意見交換会は冒頭以外非公開で約1時間行われた。出席した元島民によると、意見交換会では、共同経済活動に向けた新しい船の配置、荒れた状態の墓地の整備などの要望が上がったという。

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...