北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

150年史を朗読劇で…劇団パラムが14日に定期公演【伊逹】

14日の本番へ向け稽古に熱を入れる劇団パラムのメンバー=10日夜、だて歴史の杜カルチャーセンター

 伊達市の市民劇団「劇団パラム」の第24回定期公演が14日、市内松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれる。伊達150年の節目となる今回は、明治期に北海道に渡ってきた亘理伊達家の移住経緯や生活ぶりなどを朗読劇で、史実に基づいて忠実に伝える。

 伊達市教育委員会が発行した「北の大地と生きる~海を渡った亘理伊達家臣団」をベースに約1時間の舞台にした。脚本・演出は教育長で伊達緑丘高校演劇部元顧問の影山吉則さん。

 縄文、アイヌ、武家が融合し現在に至る伊達市。150年前に仙台藩亘理伊達家から段階的に総勢約2700人が移住。朗読劇では語り手9人が先人の苦労や思いを伝える。今回、脚本化したことで児童生徒の「呼び掛け」などの教材としての活用も期待できる。「伊達の歴史を正しく理解してもらい、先人の苦労、思いを肌で感じ理解できると思う」(影山さん)。

 本番へ向け連夜、稽古にも熱が入っている。影山さんは「(パラムは)伊達の皆さまに育ててもらった劇団。伊達150年の節目に歴史を振り返り、皆さまとこの先のまちづくりへ思いを共有していきたい」と話している。

 当日は午後2時半開場、同3時開演。料金は大人千円、高校生以下500円。チケットは、だて歴史の杜カルチャーセンター窓口で扱っている。

 問い合わせは鈴木さん、携帯電話090・7651・6888へ。

関連記事

十勝毎日新聞

ひまわり迷路 笑顔咲く【本別】

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

室蘭民報

農業体験しませんか…来月20~27日開催、参加者募集【むかわ】

 むかわ町新規就農等受入協議会、むかわ町地域担い手センターは8月20~27日、「本気の1週間農業体験inむかわ」と銘打った就農者支援事業を町内で開く。農家に住み込み、農作業を体験しながら農業につい...

室蘭民報

母恋神社祭り本祭で学生みこしが石段駆け上がる【室蘭】

 室蘭・母恋神社祭りは本祭の18日、恒例の学生みこしの石段駆け上がりが行われた。気合と若さみなぎる急勾配の全力疾走が、祭りを一層、熱く燃え上がらせた。  北海道福祉教育専門学校と北斗文化学園イ...

室蘭民報

8月1、2日に港都の夜盛り上げる「酔ってけ浜町」【室蘭】

 お酒と各店自慢の逸品で港都の夏の夜を盛り上げる「酔ってけ浜町ビアフェスタ」が8月1、2日の2日間、室蘭市中央町の旧浜町アーケードで開かれる。  室蘭中央飲食店組合(下地敏之組合長)主催。会場...

室蘭民報

伝統の子ども相撲も…20日から輪西神社例大祭【室蘭】

 伝統の子ども相撲や、町内をみこしが練り歩く渡御が大きな目玉の室蘭・輪西神社例大祭(同祭典委員会主催)が20、21日の2日間、室蘭市輪西町で開催される。  20日の宵宮祭は午後3時に子ども奉納...