北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

森豆腐店 60年歴史に幕 町民に愛された味【池田】

 池田町内で戦前から営業していた森豆腐店(西1ノ3)が11日に店じまいし、惜しまれながら60年以上の歴史に幕を下ろした。近年は先代から引き継いだ2代目の森敏彦さん(83)と妻紀美子さん(79)、長男で3代目の賢幸さん(47)による親子経営で店を続けてきたが、「年齢的に体力の限界」とする森さん夫婦の意向で廃業に至った。

11日で閉店した森豆腐店の前に立つ2代目の森敏彦さん

 同店は森さんの父母である秀吉さん、ミヨ子さん夫婦が戦前に始めた。戦中は金物が軍に接収されて豆腐作りができなくなり、一時的に営業をやめたが、戦後に再開した。昔は、その日の朝に作った豆腐を、秀吉さんが犬にリヤカーを引かせて、町内で売っていた時期もあった。

 その頃、森さんは、近所にある呉服店で事務の仕事をしていた。定年後に高齢の父母に代わって店を継いだ。幼い頃から父母らの姿を見て育ったので、豆腐作りにはすぐに慣れた。退職金で店を建て替え、豆腐作りに励んだ。15年ほど前には賢幸さんが店を継ぎ、森さん夫婦がサポート役に回った。

 時代の変遷とともに町の人口はピーク時の1万7000人から現在は7000人を切るまで減り、同時に客足が遠のき、次第に店の経営も苦しくなっていった。町内に4、5軒あった他の豆腐店が次々廃業する中、森豆腐店は最後まで残った。

 森さん夫婦は「最近は2人の年金を充てなければ経営が成り立たなかった」と振り返る。

 3代目の賢幸さんは今年6月から別の職場で働き始め、店は森さん夫婦が閉めた。11日に予約注文があった油揚げを売り、原料の大豆が全部なくなった。

 森さんは「このあたりが潮時。これまで支えてくれたお客さんに心から感謝したい」と話している。

関連記事

根室新聞

「北の勝」を味わい、1年を振り返る【根室】

 管内唯一の地酒“北の勝”を楽しむ「北の勝を愛する会」(高橋雅昭会長)恒例の「忘年例会」が6日、根室商工会館で開かれた。参加した会員たちは酒を味わいながら恒例のもちつきや、ゲームを楽しみ、1年を...

根室新聞

子育て情報誌「TUMUGU」の0号発行【根室】

 市内初の保護者向けフリーペーパー「TUMUGU(つむぐ)」の創刊に先駆けた“0号”が発行された。年内には市内の幼稚園や保育所、スーパーなどで無料配布する。創刊号の第1号は2月に発行する予定だ。 ...

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス