北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

森豆腐店 60年歴史に幕 町民に愛された味【池田】

 池田町内で戦前から営業していた森豆腐店(西1ノ3)が11日に店じまいし、惜しまれながら60年以上の歴史に幕を下ろした。近年は先代から引き継いだ2代目の森敏彦さん(83)と妻紀美子さん(79)、長男で3代目の賢幸さん(47)による親子経営で店を続けてきたが、「年齢的に体力の限界」とする森さん夫婦の意向で廃業に至った。

11日で閉店した森豆腐店の前に立つ2代目の森敏彦さん

 同店は森さんの父母である秀吉さん、ミヨ子さん夫婦が戦前に始めた。戦中は金物が軍に接収されて豆腐作りができなくなり、一時的に営業をやめたが、戦後に再開した。昔は、その日の朝に作った豆腐を、秀吉さんが犬にリヤカーを引かせて、町内で売っていた時期もあった。

 その頃、森さんは、近所にある呉服店で事務の仕事をしていた。定年後に高齢の父母に代わって店を継いだ。幼い頃から父母らの姿を見て育ったので、豆腐作りにはすぐに慣れた。退職金で店を建て替え、豆腐作りに励んだ。15年ほど前には賢幸さんが店を継ぎ、森さん夫婦がサポート役に回った。

 時代の変遷とともに町の人口はピーク時の1万7000人から現在は7000人を切るまで減り、同時に客足が遠のき、次第に店の経営も苦しくなっていった。町内に4、5軒あった他の豆腐店が次々廃業する中、森豆腐店は最後まで残った。

 森さん夫婦は「最近は2人の年金を充てなければ経営が成り立たなかった」と振り返る。

 3代目の賢幸さんは今年6月から別の職場で働き始め、店は森さん夫婦が閉めた。11日に予約注文があった油揚げを売り、原料の大豆が全部なくなった。

 森さんは「このあたりが潮時。これまで支えてくれたお客さんに心から感謝したい」と話している。

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...