北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

森豆腐店 60年歴史に幕 町民に愛された味【池田】

 池田町内で戦前から営業していた森豆腐店(西1ノ3)が11日に店じまいし、惜しまれながら60年以上の歴史に幕を下ろした。近年は先代から引き継いだ2代目の森敏彦さん(83)と妻紀美子さん(79)、長男で3代目の賢幸さん(47)による親子経営で店を続けてきたが、「年齢的に体力の限界」とする森さん夫婦の意向で廃業に至った。

11日で閉店した森豆腐店の前に立つ2代目の森敏彦さん

 同店は森さんの父母である秀吉さん、ミヨ子さん夫婦が戦前に始めた。戦中は金物が軍に接収されて豆腐作りができなくなり、一時的に営業をやめたが、戦後に再開した。昔は、その日の朝に作った豆腐を、秀吉さんが犬にリヤカーを引かせて、町内で売っていた時期もあった。

 その頃、森さんは、近所にある呉服店で事務の仕事をしていた。定年後に高齢の父母に代わって店を継いだ。幼い頃から父母らの姿を見て育ったので、豆腐作りにはすぐに慣れた。退職金で店を建て替え、豆腐作りに励んだ。15年ほど前には賢幸さんが店を継ぎ、森さん夫婦がサポート役に回った。

 時代の変遷とともに町の人口はピーク時の1万7000人から現在は7000人を切るまで減り、同時に客足が遠のき、次第に店の経営も苦しくなっていった。町内に4、5軒あった他の豆腐店が次々廃業する中、森豆腐店は最後まで残った。

 森さん夫婦は「最近は2人の年金を充てなければ経営が成り立たなかった」と振り返る。

 3代目の賢幸さんは今年6月から別の職場で働き始め、店は森さん夫婦が閉めた。11日に予約注文があった油揚げを売り、原料の大豆が全部なくなった。

 森さんは「このあたりが潮時。これまで支えてくれたお客さんに心から感謝したい」と話している。

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...