北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

森豆腐店 60年歴史に幕 町民に愛された味【池田】

 池田町内で戦前から営業していた森豆腐店(西1ノ3)が11日に店じまいし、惜しまれながら60年以上の歴史に幕を下ろした。近年は先代から引き継いだ2代目の森敏彦さん(83)と妻紀美子さん(79)、長男で3代目の賢幸さん(47)による親子経営で店を続けてきたが、「年齢的に体力の限界」とする森さん夫婦の意向で廃業に至った。

11日で閉店した森豆腐店の前に立つ2代目の森敏彦さん

 同店は森さんの父母である秀吉さん、ミヨ子さん夫婦が戦前に始めた。戦中は金物が軍に接収されて豆腐作りができなくなり、一時的に営業をやめたが、戦後に再開した。昔は、その日の朝に作った豆腐を、秀吉さんが犬にリヤカーを引かせて、町内で売っていた時期もあった。

 その頃、森さんは、近所にある呉服店で事務の仕事をしていた。定年後に高齢の父母に代わって店を継いだ。幼い頃から父母らの姿を見て育ったので、豆腐作りにはすぐに慣れた。退職金で店を建て替え、豆腐作りに励んだ。15年ほど前には賢幸さんが店を継ぎ、森さん夫婦がサポート役に回った。

 時代の変遷とともに町の人口はピーク時の1万7000人から現在は7000人を切るまで減り、同時に客足が遠のき、次第に店の経営も苦しくなっていった。町内に4、5軒あった他の豆腐店が次々廃業する中、森豆腐店は最後まで残った。

 森さん夫婦は「最近は2人の年金を充てなければ経営が成り立たなかった」と振り返る。

 3代目の賢幸さんは今年6月から別の職場で働き始め、店は森さん夫婦が閉めた。11日に予約注文があった油揚げを売り、原料の大豆が全部なくなった。

 森さんは「このあたりが潮時。これまで支えてくれたお客さんに心から感謝したい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...