北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

双葉幼稚園舎保存 ピンチ 管理のNPO 資金、会員不足【帯広】

会員募集を呼び掛ける文書の送付は1通ずつ手作業で進められている。3人で約600通を送る予定だ

 国の指定重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南19)の保存管理に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦しんでいる。草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する。同法人は「せめて土・日曜日は一般開放したいが、人もいないし、お金も足りない」と頭を痛めている。

 NPO法人は卒園生らが今年1月に設立し、4月に道の認証が下りた。建物の管理・修繕、観光や文化資源としての活用など歴史的建築物の保存が狙いだ。

 旧園舎の年間維持費は芝刈りや生け垣整備、除雪、水道・電気代などで約110万円が必要とされる。ただ、会員登録を呼び掛けるためのパンフレット代などの事務経費、土・日曜日の一般開放のスタッフなどを含めると「最低限150万円は必要」(理事の川村善規さん)という。

 11日現在の会員は正会員36人、協賛個人会員26人、協賛団体会員2団体で、約50万円が集まった。草刈りや水道・電気代の支払いはできているが、10万円ほど掛かるという刈った草の処理はそのまま。「会員募集へ向けた取り組みにもお金が掛かる」(川村さん)と悩みは尽きない。

 11日には旧園舎で、会員募集を呼び掛ける文書の送付作業を行った。2017年の一般公開の芳名帳を基に、ポストカードなどを入れて約600通を発送。今後は卒園生に向けた呼び掛けも考えている。

 6月に旧園舎で行われた作品展「トレス・アニョス展」には1000人を超える来場があり、募金も約3万円集まった。関心の高さは感じられるものの、川村さんは「雨漏りは根本的な解消が必要で、資金が安定しないと改修計画も作れない。資金、人材ともにまだまだ足りない」と話す。

個人、団体会員募集

 年会費は正会員1万円、協賛個人会員2000円、協賛団体会員1口2万円。問い合わせは「双葉の露」(080・2864・0635)へ。ホームページ(https://futabanotuyu.com/)からも申し込みができる。

関連記事

根室新聞

「北の勝」を味わい、1年を振り返る【根室】

 管内唯一の地酒“北の勝”を楽しむ「北の勝を愛する会」(高橋雅昭会長)恒例の「忘年例会」が6日、根室商工会館で開かれた。参加した会員たちは酒を味わいながら恒例のもちつきや、ゲームを楽しみ、1年を...

根室新聞

子育て情報誌「TUMUGU」の0号発行【根室】

 市内初の保護者向けフリーペーパー「TUMUGU(つむぐ)」の創刊に先駆けた“0号”が発行された。年内には市内の幼稚園や保育所、スーパーなどで無料配布する。創刊号の第1号は2月に発行する予定だ。 ...

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス