北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

双葉幼稚園舎保存 ピンチ 管理のNPO 資金、会員不足【帯広】

会員募集を呼び掛ける文書の送付は1通ずつ手作業で進められている。3人で約600通を送る予定だ

 国の指定重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南19)の保存管理に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦しんでいる。草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する。同法人は「せめて土・日曜日は一般開放したいが、人もいないし、お金も足りない」と頭を痛めている。

 NPO法人は卒園生らが今年1月に設立し、4月に道の認証が下りた。建物の管理・修繕、観光や文化資源としての活用など歴史的建築物の保存が狙いだ。

 旧園舎の年間維持費は芝刈りや生け垣整備、除雪、水道・電気代などで約110万円が必要とされる。ただ、会員登録を呼び掛けるためのパンフレット代などの事務経費、土・日曜日の一般開放のスタッフなどを含めると「最低限150万円は必要」(理事の川村善規さん)という。

 11日現在の会員は正会員36人、協賛個人会員26人、協賛団体会員2団体で、約50万円が集まった。草刈りや水道・電気代の支払いはできているが、10万円ほど掛かるという刈った草の処理はそのまま。「会員募集へ向けた取り組みにもお金が掛かる」(川村さん)と悩みは尽きない。

 11日には旧園舎で、会員募集を呼び掛ける文書の送付作業を行った。2017年の一般公開の芳名帳を基に、ポストカードなどを入れて約600通を発送。今後は卒園生に向けた呼び掛けも考えている。

 6月に旧園舎で行われた作品展「トレス・アニョス展」には1000人を超える来場があり、募金も約3万円集まった。関心の高さは感じられるものの、川村さんは「雨漏りは根本的な解消が必要で、資金が安定しないと改修計画も作れない。資金、人材ともにまだまだ足りない」と話す。

個人、団体会員募集

 年会費は正会員1万円、協賛個人会員2000円、協賛団体会員1口2万円。問い合わせは「双葉の露」(080・2864・0635)へ。ホームページ(https://futabanotuyu.com/)からも申し込みができる。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...