北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

双葉幼稚園舎保存 ピンチ 管理のNPO 資金、会員不足【帯広】

会員募集を呼び掛ける文書の送付は1通ずつ手作業で進められている。3人で約600通を送る予定だ

 国の指定重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南19)の保存管理に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦しんでいる。草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する。同法人は「せめて土・日曜日は一般開放したいが、人もいないし、お金も足りない」と頭を痛めている。

 NPO法人は卒園生らが今年1月に設立し、4月に道の認証が下りた。建物の管理・修繕、観光や文化資源としての活用など歴史的建築物の保存が狙いだ。

 旧園舎の年間維持費は芝刈りや生け垣整備、除雪、水道・電気代などで約110万円が必要とされる。ただ、会員登録を呼び掛けるためのパンフレット代などの事務経費、土・日曜日の一般開放のスタッフなどを含めると「最低限150万円は必要」(理事の川村善規さん)という。

 11日現在の会員は正会員36人、協賛個人会員26人、協賛団体会員2団体で、約50万円が集まった。草刈りや水道・電気代の支払いはできているが、10万円ほど掛かるという刈った草の処理はそのまま。「会員募集へ向けた取り組みにもお金が掛かる」(川村さん)と悩みは尽きない。

 11日には旧園舎で、会員募集を呼び掛ける文書の送付作業を行った。2017年の一般公開の芳名帳を基に、ポストカードなどを入れて約600通を発送。今後は卒園生に向けた呼び掛けも考えている。

 6月に旧園舎で行われた作品展「トレス・アニョス展」には1000人を超える来場があり、募金も約3万円集まった。関心の高さは感じられるものの、川村さんは「雨漏りは根本的な解消が必要で、資金が安定しないと改修計画も作れない。資金、人材ともにまだまだ足りない」と話す。

個人、団体会員募集

 年会費は正会員1万円、協賛個人会員2000円、協賛団体会員1口2万円。問い合わせは「双葉の露」(080・2864・0635)へ。ホームページ(https://futabanotuyu.com/)からも申し込みができる。

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...