北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

双葉幼稚園舎保存 ピンチ 管理のNPO 資金、会員不足【帯広】

会員募集を呼び掛ける文書の送付は1通ずつ手作業で進められている。3人で約600通を送る予定だ

 国の指定重要文化財(重文)「旧双葉幼稚園園舎」(帯広市東4南19)の保存管理に向け、今年1月に発足したNPO法人「双葉の露(つゆ)」が会員確保に苦しんでいる。草刈りや垣根の整備などの年間維持費は会費で賄う計画だが、現状では年約100万円ほど不足する。同法人は「せめて土・日曜日は一般開放したいが、人もいないし、お金も足りない」と頭を痛めている。

 NPO法人は卒園生らが今年1月に設立し、4月に道の認証が下りた。建物の管理・修繕、観光や文化資源としての活用など歴史的建築物の保存が狙いだ。

 旧園舎の年間維持費は芝刈りや生け垣整備、除雪、水道・電気代などで約110万円が必要とされる。ただ、会員登録を呼び掛けるためのパンフレット代などの事務経費、土・日曜日の一般開放のスタッフなどを含めると「最低限150万円は必要」(理事の川村善規さん)という。

 11日現在の会員は正会員36人、協賛個人会員26人、協賛団体会員2団体で、約50万円が集まった。草刈りや水道・電気代の支払いはできているが、10万円ほど掛かるという刈った草の処理はそのまま。「会員募集へ向けた取り組みにもお金が掛かる」(川村さん)と悩みは尽きない。

 11日には旧園舎で、会員募集を呼び掛ける文書の送付作業を行った。2017年の一般公開の芳名帳を基に、ポストカードなどを入れて約600通を発送。今後は卒園生に向けた呼び掛けも考えている。

 6月に旧園舎で行われた作品展「トレス・アニョス展」には1000人を超える来場があり、募金も約3万円集まった。関心の高さは感じられるものの、川村さんは「雨漏りは根本的な解消が必要で、資金が安定しないと改修計画も作れない。資金、人材ともにまだまだ足りない」と話す。

個人、団体会員募集

 年会費は正会員1万円、協賛個人会員2000円、協賛団体会員1口2万円。問い合わせは「双葉の露」(080・2864・0635)へ。ホームページ(https://futabanotuyu.com/)からも申し込みができる。

関連記事

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...

日高報知新聞

まわりの景色を楽しみながら【日高】

【日高】自転車愛好者が集まって今年2月に発足した日高サイクリング協会(石井健一会長)主催の「沙流川サイクリングコース試走会withかわたび」が2日、沙流川橋そばの富川せせらぎ公園駐車場に午前9時半...

日高報知新聞

短い夏を楽しむ【様似】

【様似】新型コロナウイルス感染症の影響で夏休みを短縮した小中学校などは、1日から夏休みに入った所も多かった。青空が広がった1日、西町海岸の親子岩ふれ愛ビーチ海水浴場・キャンプ場には、週末とあって家...

室蘭民報

駒大苫、打線好調 苫中央根本、好投11K

道高野連独自大会南北海道大会  北海道高校野球南北海道大会(代替大会)が3日、札幌円山球場で開幕した。1日目は3試合が行われ、駒大苫が札幌新川に七回コールド勝ち。苫中央は知内に2─0で勝利した。両...