北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

絆の航跡―宮古から室蘭見つめて(5)【室蘭・宮古】

「マリンスポーツを通じたつながりを積み重ねていきたい」とヨットを見つめる橋本会長

宮古市ヨット協会・橋本久夫会長

室蘭もっと知りたい、海のスポーツ通じ熱い交流

 「マリンスポーツを通じたつながりを積み重ね、航路を持続可能なものにしないといけない」

 宮古市ヨット協会会長の橋本久夫さん(64)は就航1周年を迎えた朝、潮風を浴びながら宮古湾を見つめた。

 宮古市議会議員、タウン誌「月刊・みやこわが町」編集長、NPO法人「いわてマリンフィールド」理事長など要職は八つに上る。多忙の中、フェリー航路という「海の道」でつながった宮古と室蘭の縁を大切にしてきた。

 2017年(平成29年)から両市持ち回りで「交流ヨットレース」を開催。16年に宮古市で行われた国体をきっかけに「交流の機運を盛り上げる」ため開催を継続する。

 宮古開催時は、室蘭市のヨット団体のほか、北海道セーリング連盟や小樽・函館の両水産高校のヨット部員らが集まり、「白熱したレースが繰り広げられる」(橋本さん)。

 宮古はセーリングの強豪として知られる。東日本大震災から2年が経過した13年夏の全国高校総体(インターハイ)で宮古勢が1、2位を独占。震災で活動拠点だったリアスハーバー宮古も崩壊、ヨットがすべて流されたつらい経験を払しょくした。

 震災以降、国や岩手県に復旧要請に動いた。ハーバー再開に向け流木などのがれきの清掃活動も実施した。「私たちも負けてはいられない。高校生たちの頑張りにしっかり応えていかないといけない」

 スポーツが持つ力を感じながら、フェリー就航は大きな転機と捉えている。震災時に「みやこわが町」の発行が不能に陥り、目を覆いたくなる惨状。「雑誌はいつ発行するのか」。廃刊も頭をよぎったが市民要望に応えるべく、地域に寄り添った報道姿勢を貫いた。

 マリンスポーツを通じて「海を学び」「海に学び」「海に親しみ」「海を活用する」。大海原の雄大さと恐ろしさを誰よりもかみ締める。「つながっている海を通して室蘭の魅力をもっと知りたい」

 8月に室蘭を訪れることを計画。就航から1年間はセーリングのほか、合唱などの文化交流にも尽力する。「互いの良い部分を深め合い、両市発展に向けたツールとしてフェリーを利用するきっかけにしたい」と将来を見据える。

(2019年7月7日掲載)

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...