北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

絆の航跡―宮古から室蘭見つめて(5)【室蘭・宮古】

「マリンスポーツを通じたつながりを積み重ねていきたい」とヨットを見つめる橋本会長

宮古市ヨット協会・橋本久夫会長

室蘭もっと知りたい、海のスポーツ通じ熱い交流

 「マリンスポーツを通じたつながりを積み重ね、航路を持続可能なものにしないといけない」

 宮古市ヨット協会会長の橋本久夫さん(64)は就航1周年を迎えた朝、潮風を浴びながら宮古湾を見つめた。

 宮古市議会議員、タウン誌「月刊・みやこわが町」編集長、NPO法人「いわてマリンフィールド」理事長など要職は八つに上る。多忙の中、フェリー航路という「海の道」でつながった宮古と室蘭の縁を大切にしてきた。

 2017年(平成29年)から両市持ち回りで「交流ヨットレース」を開催。16年に宮古市で行われた国体をきっかけに「交流の機運を盛り上げる」ため開催を継続する。

 宮古開催時は、室蘭市のヨット団体のほか、北海道セーリング連盟や小樽・函館の両水産高校のヨット部員らが集まり、「白熱したレースが繰り広げられる」(橋本さん)。

 宮古はセーリングの強豪として知られる。東日本大震災から2年が経過した13年夏の全国高校総体(インターハイ)で宮古勢が1、2位を独占。震災で活動拠点だったリアスハーバー宮古も崩壊、ヨットがすべて流されたつらい経験を払しょくした。

 震災以降、国や岩手県に復旧要請に動いた。ハーバー再開に向け流木などのがれきの清掃活動も実施した。「私たちも負けてはいられない。高校生たちの頑張りにしっかり応えていかないといけない」

 スポーツが持つ力を感じながら、フェリー就航は大きな転機と捉えている。震災時に「みやこわが町」の発行が不能に陥り、目を覆いたくなる惨状。「雑誌はいつ発行するのか」。廃刊も頭をよぎったが市民要望に応えるべく、地域に寄り添った報道姿勢を貫いた。

 マリンスポーツを通じて「海を学び」「海に学び」「海に親しみ」「海を活用する」。大海原の雄大さと恐ろしさを誰よりもかみ締める。「つながっている海を通して室蘭の魅力をもっと知りたい」

 8月に室蘭を訪れることを計画。就航から1年間はセーリングのほか、合唱などの文化交流にも尽力する。「互いの良い部分を深め合い、両市発展に向けたツールとしてフェリーを利用するきっかけにしたい」と将来を見据える。

(2019年7月7日掲載)

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...