北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

深夜便利用者に千歳PR エア・ドゥ、カルビー、市が連携-菓子と観光地紹介カード配布

深夜便の搭乗前に行われている道産菓子の無料配布

 北海道を拠点とする航空会社AIRDO(エア・ドゥ)と菓子製造のカルビー、千歳市が8月5日まで、AIRDO新千歳―羽田線の深夜便計56便の搭乗客にジャガイモ菓子をプレゼントしている。新千歳空港の地元をアピールし、利用者へのサービス向上とリピーター獲得を目指す。

 3者の連携で実現した初の取り組み。毎晩1往復2便の運航ダイヤとなった9日から始めた。カルビーから道産菓子ブランド「ポテトファーム」の商品3種類の寄贈を受け、AIRDOの客室乗務員が新千歳と羽田の両空港で搭乗前に配る。千歳市が製作した市内観光地を記したカードを添える。

 配布品は市内北信濃のカルビー北海道工場で製造した商品。添付のカードもAIRDO情報サイト「YorimichiAIRDO(よりみちエア・ドゥ)」に掲載中の千歳の観光スポット6カ所を紹介している。

 11日の新千歳では午後9時45分発の搭乗客を対象に実施。地上職員のアナウンスに続き、客室乗務員2人が「じゃがポックル」を搭乗客110人に1袋ずつ手渡した。

 AIRDOは2018年度、深夜便107便を運航。19年度も7~9月だけで168便を予定し、夏季ダイヤの毎日運航にも取り組んでいる。客室乗務員の坂本佳都さんは「道内の企業や自治体と協力して、北海道のアピールになれば」と話している。

関連記事

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...

苫小牧民報

地面蹴り、後ろ向き快走 いす―1GP道大会に23チーム出場-千歳

 車輪付き事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2019」(同実行委員会、千歳ニューサンロード商店街振興組合主催)が21日、幸町のニューサンロード商店街前の市道で開...

苫小牧民報

インディアン水車を設置 夏の訪れ告げる風物詩-千歳川

 サケの遡上(そじょう)期を控え21日、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会=千歳市花園2=千歳事業所は構内と接続する千歳川に捕魚車の「インディアン水車」を設置した。22日から調査捕獲がスタ...