北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

深夜便利用者に千歳PR エア・ドゥ、カルビー、市が連携-菓子と観光地紹介カード配布

深夜便の搭乗前に行われている道産菓子の無料配布

 北海道を拠点とする航空会社AIRDO(エア・ドゥ)と菓子製造のカルビー、千歳市が8月5日まで、AIRDO新千歳―羽田線の深夜便計56便の搭乗客にジャガイモ菓子をプレゼントしている。新千歳空港の地元をアピールし、利用者へのサービス向上とリピーター獲得を目指す。

 3者の連携で実現した初の取り組み。毎晩1往復2便の運航ダイヤとなった9日から始めた。カルビーから道産菓子ブランド「ポテトファーム」の商品3種類の寄贈を受け、AIRDOの客室乗務員が新千歳と羽田の両空港で搭乗前に配る。千歳市が製作した市内観光地を記したカードを添える。

 配布品は市内北信濃のカルビー北海道工場で製造した商品。添付のカードもAIRDO情報サイト「YorimichiAIRDO(よりみちエア・ドゥ)」に掲載中の千歳の観光スポット6カ所を紹介している。

 11日の新千歳では午後9時45分発の搭乗客を対象に実施。地上職員のアナウンスに続き、客室乗務員2人が「じゃがポックル」を搭乗客110人に1袋ずつ手渡した。

 AIRDOは2018年度、深夜便107便を運航。19年度も7~9月だけで168便を予定し、夏季ダイヤの毎日運航にも取り組んでいる。客室乗務員の坂本佳都さんは「道内の企業や自治体と協力して、北海道のアピールになれば」と話している。

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...