北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ギター製作に熱 道産木材製ブランド立ち上げ目指す-恵庭の鹿川さん

こだわりのエレキギターを手に目標を語る鹿川さん

 恵庭市内でギター工房を営む鹿川慎也さん(32)が、製作に熱を込めている。北海道産の木材を使った独自のブランド立ち上げを目指しており、「周囲の人と一緒に楽しんでもらえるギターを作りたい」と目を輝かせる。

 工房の名は「シカガワ・ミュージカル・インスツルメンツ」。エレキギターやベースの受注生産などを行っており、愛好者からプロミュージシャンまでファンも多い。顧客と丁寧に打ち合わせを重ねて相手の求める音を狙う。「世の中には修理が必要になってしまうような作りの楽器もたまに存在するので、長く使える道具になることを一番に考えて作っている」。

 現在考案しているのは、道産木材で製作するエレキギターのブランド。厳選したクルミやシラカバの木をしっかりと乾燥させて、流通量の多い木材とは一味異なる粘りのある音色をイメージ。デザイナーとも提携し楽器の細部やロゴマークにもこだわる予定で「多くの人に知ってもらいたい」と意気込み、研究を進めている。

 鹿川さんは恵庭市出身。恵み野中、北広島高を経て、東京都内にある楽器製作の専門学校に進学した。趣味で取り組んでいたバンド活動と、物づくりへの憧れが融合し、ギター製作の道を志した。

 卒業後は、楽器メーカーに勤務したほか、同校の講師を務め、1000本以上のギターの製作と修理に関わる。28歳だった2015年、地元恵庭市に工房を構え、今年で5年目を迎えた。

 仕上げたギターは自分の子供のような存在。「調子が悪くなっていないか心配。買ってもらった人から(壊れたと)連絡が無いのが一番です」と言う。「子供と違うのは、手放す(納品する)時に『行かないで』と思わないこと」

 今年6月、東京在住のプロギタリストに自慢の一本を納品。今月道内で行われたライブでしっかりと使用されており、会場に足を運んだ鹿川さんは「他の楽器に埋もれないほど抜けが良くて、エリック・クラプトンのような音だった」と喜びをにじませる。「いつか、歴史的名演に自分のギターが使われることが夢」と話す。

 工房ではギター、ベースの製作のほか、修理や点検なども行っている。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...