北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

4年に1度 世界再認定審査【様似】

様似町の授業を視察するポウさん(左)とユンハイさん(右)

【様似】2015年(平成27年)9月に国内8番目の世界ジオパークに認定された「アポイ岳ジオパーク」で、15日から4年に1度の再認定審査が始まった。英国と中国から2人の審査員が来町し、16日から18日まで3日間にわたり町内各所を精力的に視察し、関係者から話を聞いている。

 アポイ岳ジオパークの世界再認定審査は今回が初めて。審査員はともに地質が専門の英国のニコラス・タルボット・ポウさん、中国のチャン・ユンハイさんで、15日のミーティングから審査を開始。昨年度の国内ジオパーク世界認定審査の経過(夏に審査、今年1月末に公表)から、審査結果は年明けごろに判明する見込み。

 世界認定に先駆け、アポイ岳ジオパークは2008年に日本ジオパークジオパークに認定されているが、昨年の日本ジオパーク委員会による国内再認定では「世界審査の認定時に指摘された事項に対応していない項目がある」と指摘され、本来は4年間の認定が「条件付き再認定」で2年間に短縮され、課題を残している。

 16日は様似中や様似小のジオパーク関連の授業も視察し、中学生がプロデュースした「アポイドリーム弁当」にも興味津々な様子で、17日に同弁当を食べてもらう。審査員は気軽に児童・生徒に話し掛け、学習内容などを確認していた。

 再認定審査では、18日まで展示リニューアルした町郷土館、アイヌ伝説や地形の観音山、大学巡検サイトにも活用されている役場前のかんらん岩広場、アポイ岳入口のビジターセンター、アポイ岳登り口、幌満渓谷、水産関連施設などを巡る予定。

 最終日は午後から関係者への講評を行い、記者会見後、帰国する。

 世界審査は多様な視点で行われるが、審査関係者によると、ジオパークが「地元に根付いているか」「推進組織体制の継続性」「関係者の活動への理解度」「審査のためのアピールではないこと」なども重要なポイントになっているという。

 アポイ岳ユネスコ世界ジオパークの推進組織は、坂下一幸町長を会長とする町アポイ岳ジオパーク推進協議会。構成団体は町と町議会、町教委、アポイ岳ファンクラブ、町アイヌ協会、自治会、校長会、農協・漁協、観光・文化協会、女性団体、民間企業。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...