北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「市民墓」過疎化、核家族化で需要今後も【根室】

 過疎化や核家族化でお墓を取り巻く環境が変化する中、平成28年12月に供用開始した西浜町墓地の市民墓(2千体収容)に納骨された利用者が約1割、200体を超えた。市外からの申し込みも37体と多く、将来的には増設も必要になりそうだ。

 核家族化や過疎化、さらに高齢化社会の進展、個人の価値観の多様化などを背景に、お墓を取り巻く環境が大きく変化し、新たな遺骨の引き取り先として注目されている共同墓。根室市では議会議論を経て28年度に約530万円を投入し、西浜町墓地に「ふるさと根室想々事業」として整備。市民から名称を公募し、選考委員会(長谷川敬二委員長)で「市民墓」と命名。同年12月から供用を開始していた。

 17日現在の利用状況は、106件、221人の申し込みがあり、実際に納骨されたのは212体となっている。うち市外からは20件、41人が申し込みしており、37体が納骨された。また、生前予約した人は89人で、実際にこのうち8体を納骨。市外からは3件、3人で1体を納骨している。

 生前予約を含めた申し込み件数は195件、310人で、実際に納骨されたのは212体になり、収容数(2千体)の1割を超えている。なお、利用料は根室市民の場合1体1万円で、遺骨の数に関係なく、上限を5万円としている。また、市外の人は1体1万6千円で、遺骨の数に関係なく、上限額を8万円としている。

 29年度こそ年間で94体の利用があったが、30年度は56体と落ち着きつつある。ただ、実質3年目で収容数の1割を超えたことや、過疎化や少子化など今後も利用増が見込まれると、いずれ増設の必要もありそうだ。

収容数の1割を超えた西浜町墓地の市民墓

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...