北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

専用の包丁で切りの作業を体験する参加者たち

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立てた。

 参加者は、道場で活動する有段者ら13人から丁寧な説明を受けて、水回し、練り、のし、切り―といった手順をこなした。切りの作業では、専用のそば切り包丁を使って、慎重に切り分けていた。

 お母さんと参加した竹下芹さん(8)=白蘭小学校3年=は「そば粉に水をかけて混ぜるのが面白かった。そばは好きなので家に帰って食べるのが楽しみです」と話していた。

 同道場は、そば打ちの魅力を広く知ってもらおう―と7月と11~12月の年2回、講習会を開催している。代表の中山さん(71)は「基礎ができれば、あまり力は必要とせずに打つことができる。何度打っても毎回、同じそばにはならない面白さがある」と魅力を話した。

関連記事

十勝毎日新聞

清水高「パン甲子園」連覇 20日、麦音で受賞作発売【帯広】

 清水高3年の男子生徒3人が考案し、「パン甲子園2019」でグランプリに輝いた「サンティエ・ルージュ・ドゥ・カンパーニュ」が、パン製造の満寿屋商店(帯広市)によって商品化され、20日から期間限...

室蘭民報

スモークサーモンの生産がピークを迎える【苫小牧】

 王子サーモン北海道工場(苫小牧市有明町)では、お歳暮など贈答用ギフト製品を中心に、クリスマスや正月など家庭用として需要量の多いスモークサーモンの生産がピークを迎えた。ベトナム人研修生28人を含...

室蘭民報

水揚げしたサケを使った名物「山漬け」が完成【室蘭】

 室蘭で水揚げしたサケを使った名物「山漬け」が出来上がった。10日までに舟見町の作業場で、熟成されたサケの選別作業を終えた。300本を14日から室蘭漁業協同組合(室村吉信組合長)で販売する。 ...

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス