北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ネパール人医師のマハルジャンさん、苫小牧で技術研修中 がん治療専門医目指す

苫小牧日翔病院で研修を受けるマハルジャンさん(中央)と立ち会う尾崎会長(右)

 苫小牧ネパール協会(尾崎徹会長)の支援で来日したネパール人医師のスニル・マハルジャンさん(28)が今月から、苫小牧日翔病院(苫小牧市矢代町)で医療技術の研修に励んでいる。今後、他の病院にも出向き、9月中旬まで最先端のがん治療などを学ぶ予定で「身に付けた技術をネパールに持ち帰り、多くの人たちの医療に役立てたい」と意気軒高だ。

 マハルジャンさんは、ネパールの首都カトマンズの南隣パタン市出身。経済的に貧しい家庭に生まれ、小学3年生だった2001年から中学校を卒業する06年まで同協会の就学物資援助を受けた。

 協会は衣類や靴、ノート、鉛筆、教科書など学校生活に必要な物一切を提供。中学卒業後も尾崎会長(75)が定期的に経済支援を続けた。無事、高校、大学へと進学して2年前にはネパールの医大を出て医師免許を取得。同国の国立病院に医師として勤務してきた。

 地道に医師としてのキャリアを積んできたがこのほど、本人から「ネパールではまだ少ない、がん治療のスペシャリストになるため日本の病院で学びたい」との申し出があった。同協会は8年前にも女性看護師を研修生として受け入れた実績を持つ苫小牧日翔病院に協力を要請。病院側の快諾が得られ1日に来日し尾崎会長の会社、尾崎測量設計事務所(花園町)に滞在しながら同病院に通う。

 主に外科の研修で胃がん、大腸がん、ヘルニアなどの手術を見学。高度な治療技術修得へ実際の手術現場に立ち会い、英語や不慣れな日本語で担当医と積極的にコミュニケーションを図っているという。

 指導に当たっている崎浜秀康外科部長(52)は「大変真面目で勉強熱心」と話す。

 マハルジャンさんは「最先端技術を学べる日本の研修はとても刺激になっている。日本人はとても親切。尾崎会長らの援助に感謝している」と語る。

 帰国後は、がん治療の専門医としてネパール国内で活動する。将来の夢は医大の教授という。市内には9月20日まで滞在し、市立病院や札幌の北大病院での研修も予定している。

 尾崎会長は「小学生の頃から成長を見守ってきたので、頑張って医者になってくれてうれしい。帰国後の活躍にも期待したい」と語る。

 同協会は、1997年の設立以来、ネパールの小中学生135人に就学援助を行ってきた。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...