北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつないで予定。村教委は「学生たちとのワークショップを通じて、アートの村づくりを進めていきたい」としている。

打ち合わせで中札内を訪れた(左から)山端さん、三澤教授、市川さん。右は村教委の野原誠司さん

 同大では全国の小中学校を訪れて体験型の出前授業をする「旅するムサビプロジェクト(旅ムサ)」を実施。中札内でも村内の3小中学校で2017年に黒板ジャック、18年に創作活動やワークショップを実施する「子どもアートプロジェクト」を行ってきた。

 今回は企業や自治体と連携する「産官学共同プロジェクト」の受託研究契約を結び、学校で実施する旅ムサの内容に加え校外でのイベントも計画している。プロジェクトメンバーは、同大の三澤一実教育課程教授(56)と学生6人。

 18日には三澤教授と学生の市川広大さん(19)、山端健志さん(21)の3人が来村。村教委や小中学校でプロジェクトの内容について打ち合わせた。市川さんは「子どもたちは好奇心旺盛でこちらが刺激を受けることも多い。地域の人たちとの対話から未来に生かせることを実践していきたい」、山端さんは「このプロジェクトで終わりではなく、次の興味を誘えるような内容にしたい。やることは多いが、頑張りたい」と意気込んでいる。

 三澤教授は「このプロジェクトには二つの大きな意味がある」とする。(1)これまでと違う角度から物事を捉え、物の考え方や捉え方が多様化するような教育をする(2)大学と地域が連携することで、その地域の新たな可能性を引き出すための手伝いをする-とし、「中札内という村でプロジェクトができることを楽しみにしている」と話している。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...