北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。同大によると、製パン研究の講座開設は国内大学で初。

共同研究講座設置を発表する(右から)奥田学長と盛田社長

 奥田潔学長と盛田淳夫社長が同日、同大で会見した。両者は2012年に包括連携協定を結び、大学敷地内に製パン実験施設を設置してパンや乳酸菌などの共同研究6件を実施。11件の特許出願や、「畜大パン」「パネトーネ」の商品開発などの成果につながった。

 研究をより深く、速く進めるため、共同研究講座を設置した。これは同大が今年度創設した制度で、企業からも研究員を派遣するなど大学と企業が人員や研究費を持ち合い、期限を定めて成果を出すのが特徴。知的財産などの研究成果は共有する。

 今回設置した「パスコ未来パン共同研究講座」の期間は2020年度までの2年間で、研究費は440万円。道産原料にこだわり、(1)小麦品種「ゆめちから」から分離した新たな菌株を使った付加価値の高いパン開発(2)生地中で増殖させた微生物のガスを使った伝統的なパン作り-の2件の共同研究を行う。

 同大の山内宏昭教授や同大大学院に社会人入学している敷島製パンの北原拓真さんらが研究を担当。学生も研究に携わり、人材育成に役立てる。

 会見で盛田社長は「研究内容を深掘りし、ゆめちから乳酸菌を元にした新しいパンができることを期待したい。北海道の農産物と組み合わせ、消費拡大に貢献したい」と強調。奥田学長は「大学の使命である、社会のニーズに即した人材育成が可能となる。十勝農業や北海道の経済・産業発展に寄与したい」と語った。

 同社は「パスコ」ブランドで知られる業界第2位の製パン会社。道内に生産拠点はなかったが、13年から札幌中心にベーカリーショップを展開する。十勝への進出について盛田社長は「状況が許せば、帯広にも何らかの形を作りたいと考えている」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタと馬車 街中ラン【帯広】

 サンタクロース姿で街中を練り歩き、病院や児童養護施設でクリスマスを過ごす子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るイベント「北海道サンタランinとかち2019」(実行委員会主催)が14日、帯広市中...

十勝毎日新聞

カーリング場今季も始動 始球式に続き大会も【池田】

 池田町カーリング場(西1ノ1)の今シーズンのオープン式が13日夜に行われた。始投式に引き続き、池田カーリング協会(松浦穣会長)主催の協会杯大会も開幕した。  リンクは約1400平方メートルに...

十勝毎日新聞

女性起業家「アワード」谷口さんがノミネート【本別】

 企業と女性起業家のマッチングイベント「J300アワード」に、町内の管理栄養士谷口まどかさん(47)がノミネートされた。女性起業家を支援する会社コラボラボ(東京)の主催。同アワードはフェイスブッ...

函館新聞

クリファン会場で「ひろさきナイト」盛況【函館】

 今回で9年目になる青森県弘前市のPRイベント「ひろさきナイト」が15日、「はこだてクリスマスファンタジー」開催中の金森赤レンガ倉庫特設ステージなどで開かれた。北寄りの風が強く吹き付ける中、津軽...

函館新聞

函館市民スケート場オープン 家族連れら初滑り楽しむ【函館】

 函館市民スケート場(金堀町10)が14日、今季の営業を開始した。小雨模様の中、待ちわびた親子連れらが来場し、今シーズン初滑りを楽しんだ。オープン期間は来年2月16日まで(12月31日、1月1日...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス