北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

水素ガスで気球実験 太陽電池の性能確認 JAXA【大樹】

空に放たれる水素ガスの小型気球(1日午前6時ごろ)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は1日、町多目的航空公園内で、水素ガスを使った小型ゴム気球実験を行った。極薄太陽電池の付いたゴンドラをつり上げ、上空で太陽電池の性能を確認した。気球実験で水素ガスを使用するのは約40年ぶり。

 太陽電池は「ペロブスカイト太陽電池」。塗布型のため軽量化や効率化に優れ、次世代太陽電池として注目されている。桐蔭横浜大やリコーなどと共同研究を進め、気球実験は初めて。

 実験は成層圏での電池の電流や電圧の特性などを測定するのが目的。ゴンドラの左右のガラス基板に電池を塗布し、比較用としてシリコン系太陽電池も貼り付けた。

 この日は午前3時半ごろから作業を開始。最大で直径約11メートルになるゴム気球に水素ガスを充填(じゅうてん)、同6時に1基を放球した。高度約30キロまで飛んだ同7時15分に気球からパラシュート付きのゴンドラが切り離され、同7時48分に実験場から東へ約40キロの海上に着水した。

 JAXA気球実験グループの吉田哲也グループ長は「順調に飛翔(ひしょう)しデータは取れた。将来的に気球の膜状に塗布しての実験も行いたい。この太陽電池は宇宙探査での活用も考えられる」と話した。

 JAXAは7月6日、ヘリウムガスによる大気球実験を実施済みで、今年度の町内での気球実験は今回で終了した。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...