北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「しっとり」連携スコーン 帯畜大と満寿屋【音更】

 18日に音更町内で開催される「第9回麦感祭(ばっかんさい)2019」(実行委主催)に向け、帯広畜産大学の農業系サークル「あぐりとかち」とパン製造販売の満寿屋商店(帯広)が開発を進めていたスコーンが完成した。地場野菜を使った色とりどりのジャムを添えて提供する予定で、商品名は「虹のかかる畑でつくった新小麦まるかじりスコーン」に決まった。

完成したスコーンをPRする「あぐりとかち」の部員と満寿屋商店の新入社員

 麦感祭は小麦の生産量日本一をPRする収穫感謝祭。満寿屋商店が毎年、あぐりとかちのアイデアを基に、祭りで提供するためのオリジナル商品を開発している。今年は素材の味が生かしやすいという理由から、町産小麦を100%使ったスコーンに決まった。

 1日には帯広市内の満寿屋商店の店舗でスコーンの試食会が開かれ、あぐりとかちの部員4人と同社の新入社員らが意見を交わした。参加者からは「甘いジャムを付けた方が子どもが喜びそう」「星型にしてもかわいい」などの声が上がった。部員の女性は「しっとりしておいしい」と話していた。

 スコーンに添えるジャムは、商品名にある「虹」にちなんで町産のトマトやニンジン、枝豆などを使って作る。16日にはジャムの味見を行う予定だ。同社の杉山雅則社長は「いろいろなアイデアが出て有意義だった。最終的な出来上がりが楽しみ」と話している。

 麦感祭は定員200人で、事前申し込みが必要。参加費は大人2800円(当日券3500円)、小中学生600円、幼児無料。チケットは同社の音更店、ボヌール店、麦音で販売している。問い合わせは事務局(0155・58・4690)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝夕暮れコーラ」人気 本州居酒屋で提供【十勝】

 道産のてんさい糖などを使ったオリジナルクラフトコーラ「十勝夕暮れコーラ」の人気が高まっている。4月の完成直後は、十勝管内の飲食店での提供が大半だったが、7月からは首都圏と関西で展開する居酒屋チェ...

十勝毎日新聞

柳月「あんバタサン」連日完売 なつぞらの菓子そっくり【音更】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」効果で、柳月(本部音更)の菓子「あんバタサン」の人気が急上昇し、連日完売している。劇中に登場した菓子がこの商品に酷似しているとし、SNSなどで話題になった。 ...

苫小牧民報

一休そば、低糖質の生そば 19日、大手通販サイトから全国販売

 一休そばグループ(本社・苫小牧市有明町)は、低糖質でおいしさにこだわったダッタンそば「さらり」を、インターネット上のバーチャルモール「楽天市場」を通じて19日から全国販売する。健康志向で低糖質...

十勝毎日新聞

肉・丼まつり増強 「ブランド知って」 9月8日【清水】

 第2回十勝清水肉・丼まつり(実行委主催)が9月8日午前10時~午後2時、町有明公園で開かれる。大盛況だった昨年の初開催からさらにバージョンアップし、畜産のまち清水を象徴する肉づくしの16メニュー...

十勝毎日新聞

朝カレーも十勝づくし スーパーホテル【帯広】

 8日にグランドオープンした「スーパーホテルPremier帯広駅前」(帯広市西3南10)は、朝食バイキングで十勝産食材にこだわった「スーパー帯広カレー」を提供している。帯広物産協会と協力、チーズ...