北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「しっとり」連携スコーン 帯畜大と満寿屋【音更】

 18日に音更町内で開催される「第9回麦感祭(ばっかんさい)2019」(実行委主催)に向け、帯広畜産大学の農業系サークル「あぐりとかち」とパン製造販売の満寿屋商店(帯広)が開発を進めていたスコーンが完成した。地場野菜を使った色とりどりのジャムを添えて提供する予定で、商品名は「虹のかかる畑でつくった新小麦まるかじりスコーン」に決まった。

完成したスコーンをPRする「あぐりとかち」の部員と満寿屋商店の新入社員

 麦感祭は小麦の生産量日本一をPRする収穫感謝祭。満寿屋商店が毎年、あぐりとかちのアイデアを基に、祭りで提供するためのオリジナル商品を開発している。今年は素材の味が生かしやすいという理由から、町産小麦を100%使ったスコーンに決まった。

 1日には帯広市内の満寿屋商店の店舗でスコーンの試食会が開かれ、あぐりとかちの部員4人と同社の新入社員らが意見を交わした。参加者からは「甘いジャムを付けた方が子どもが喜びそう」「星型にしてもかわいい」などの声が上がった。部員の女性は「しっとりしておいしい」と話していた。

 スコーンに添えるジャムは、商品名にある「虹」にちなんで町産のトマトやニンジン、枝豆などを使って作る。16日にはジャムの味見を行う予定だ。同社の杉山雅則社長は「いろいろなアイデアが出て有意義だった。最終的な出来上がりが楽しみ」と話している。

 麦感祭は定員200人で、事前申し込みが必要。参加費は大人2800円(当日券3500円)、小中学生600円、幼児無料。チケットは同社の音更店、ボヌール店、麦音で販売している。問い合わせは事務局(0155・58・4690)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...