北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「しっとり」連携スコーン 帯畜大と満寿屋【音更】

 18日に音更町内で開催される「第9回麦感祭(ばっかんさい)2019」(実行委主催)に向け、帯広畜産大学の農業系サークル「あぐりとかち」とパン製造販売の満寿屋商店(帯広)が開発を進めていたスコーンが完成した。地場野菜を使った色とりどりのジャムを添えて提供する予定で、商品名は「虹のかかる畑でつくった新小麦まるかじりスコーン」に決まった。

完成したスコーンをPRする「あぐりとかち」の部員と満寿屋商店の新入社員

 麦感祭は小麦の生産量日本一をPRする収穫感謝祭。満寿屋商店が毎年、あぐりとかちのアイデアを基に、祭りで提供するためのオリジナル商品を開発している。今年は素材の味が生かしやすいという理由から、町産小麦を100%使ったスコーンに決まった。

 1日には帯広市内の満寿屋商店の店舗でスコーンの試食会が開かれ、あぐりとかちの部員4人と同社の新入社員らが意見を交わした。参加者からは「甘いジャムを付けた方が子どもが喜びそう」「星型にしてもかわいい」などの声が上がった。部員の女性は「しっとりしておいしい」と話していた。

 スコーンに添えるジャムは、商品名にある「虹」にちなんで町産のトマトやニンジン、枝豆などを使って作る。16日にはジャムの味見を行う予定だ。同社の杉山雅則社長は「いろいろなアイデアが出て有意義だった。最終的な出来上がりが楽しみ」と話している。

 麦感祭は定員200人で、事前申し込みが必要。参加費は大人2800円(当日券3500円)、小中学生600円、幼児無料。チケットは同社の音更店、ボヌール店、麦音で販売している。問い合わせは事務局(0155・58・4690)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝おはぎ 桜の活力に ラグビー日本代表に好評【十勝】

 ラグビーワールドカップ(W杯)で躍進する日本代表。大会前は十勝産小豆のおはぎが差し入れされ、チームに好評。大会中は試合前の食事「マッチミール」におはぎが採用され、選手の活力になっている。 ...

室蘭民報

ほっとな~るで「オウルズ」開店、豚丼が大好評【室蘭】

 室蘭・中島商店会コンソーシアム(門脇宏幸代表幹事)が運営する「ふれあいサロンほっとな~る」(中島町)内のチャレンジショップに10日、飲食店「オウルズ」が開店した。食品加工の「アウル」(同町)の...

十勝毎日新聞

畜大牛乳でプリン モロゾフが発売16日まで藤丸で限定【帯広】

 洋菓子のモロゾフ(本社神戸市)は、帯広畜産大の「畜大牛乳」を使った「北海道カスタードプリン」を発売した。新鮮な畜大牛乳の風味を残し、こくがあり、すっきりとした後味が特徴。全国に先駆けて16日まで...

室蘭民報

カネサン佐藤水産で赤いダイヤの製造がピーク【室蘭】

 カネサン佐藤水産(室蘭市東町、佐藤有一代表取締役)で、オホーツク産のイクラのしょうゆ漬け「いくら醤油味」の製造がピークを迎えている。粒が大きな“赤いダイヤ”は、うま味が詰まった味に仕上がっている...

室蘭民報

黄金に実った稲穂を刈り取る…市内で稲刈りが終盤【伊達】

 実りの秋になり、胆振西部の農家で稲刈りが盛んに行われている。伊達市内は黄金色に色づいた田んぼにコンバインが入り、実った稲穂を次々と刈り取っていた。  長和町の約1・8ヘクタールの田んぼで「な...