北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

子ネコ救った“リレー”、ドライバー→会社員→行政→動物病院【室蘭】

ドライバーや会社員の対応により救われた子ネコ

 車に衝突しけがを負った子ネコ。通行車両のドライバーから始まり、会社員、行政、そして動物病院へとバトンが渡され、1匹の命が救われた。関わった女性会社員は「ドライバーの行動がなければ、子ネコは助からなかったのかもしれない」と振り返る。

 7月25日午前7時すぎ、1匹の子ネコが室蘭市東町の国道をふらつきながら歩いていた。通行車両は子ネコを避けながら運転するが、通勤ラッシュの中で危険な状況。その時、オレンジ色の車が停止した。

 30、40代と思われる男性が車から降りて救出。抱きかかえて茂みに下ろした。車が去った後、様子を見ていた近くで働く社員らが茂みを確認、社内へ運んだ。

 事務職員、鎌田育子さん(49)がしばらく子ネコの容態を見ていた。鼻血が出て、鳴き声が弱い。「生まれて間もない命を救いたい、その思いでした」

 会社員らは胆振総合振興局に連絡。負傷したイヌやネコを病院に運ぶ業者が、内山動物病院(室蘭市山手町)の中野達雄院長のもとへ運んだ。

 「意識は半分無く、ひどい脱水状態だった。数日間何も食べていなかったのでしょう」。肋骨が折れ、左頭に強い衝撃があったと推察。この日は何も食べることができず、流動食を口に含ませ栄養を取らせた。すると翌日には、自ら食事を取れる状態になるまで回復した。

 「喉を鳴らすのは喜んでいるためといわれます。とても人懐っこいですね」。中野院長がなでると子ネコは盛んに動き回ろうとし、ゴロゴロと喉を鳴らした。

関連記事

十勝毎日新聞

アイヌ文化 興味津々 「集い」で儀式や舞踊【帯広】

 第10回アイヌ文化にふれあう集いとアイヌ生活文化展が20日、帯広市生活館(ふくろうの館)で開かれた。アイヌの伝統儀式である「カムイノミ」などを間近で見られるイベントに市民ら約230人が来場した...

十勝毎日新聞

認知症 帯信金が啓発 道内同業先駆け【帯広】

 「認知症予防セミナー~脳の健康を保ち、イキイキ生活する秘訣(ひけつ)~」(帯広信用金庫主催)が11月24日正午から、帯広市民文化ホール・小ホールで開かれる。セミナー講演と映画上映を通して、認知症...

十勝毎日新聞

「商」学校の門出祝う 第1号飲食店オープン【帯広】

 帯広商工会議所の開業支援事業「帯広まちなか『商』学校」の第1号として、飲食店「ジルジル・パントリー」が21日、市内の広小路商店街の喫茶店跡(西1南9)にオープンした。オープニングセレモニーが行...

室蘭民報

新聞コンクール、児童生徒に出来栄えたたえ表彰【室蘭】

 室蘭民報社とモルエ中島が共催した第34回室蘭地方小、中学校新聞コンクールと、第16回ぼくの・わたしのしんぶんコンクールの表彰式が20日、室蘭市中島本町のモルエ中島であった。各賞に選ばれた児童生...

室蘭民報

室民杯ママさんバレー大会で伊達東が3連覇を達成【伊達】

 第11回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が20日、伊達市松ヶ枝町の市総合体育館で開かれた。昨年より1チーム少ない10チームが出場。約130人...