北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ツバイゲルト2016」初の銀賞 日本ワインコンクール【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)が製造する十勝ワインの「ツバイゲルト2016」(720ミリリットル、2224円、アルコール度12%)が第17回日本ワインコンクール(実行委主催)の欧州系品種・赤部門で初の銀賞を受賞した。同部門での道内ワイナリーの入賞は、同研究所の銀賞とNIKI Hills ヴィレッジ(後志管内仁木町)の銅賞の2銘柄のみ。

第17回日本ワインコンクールで銀賞を受賞した「ツバイゲルト2016」。8月下旬以降の販売分からボトルに銀賞シールが貼られる

 同コンクールは、6月3~14日の出品ワインの受付期間内に、全国25道府県のワイナリーから12部門に788銘柄の応募があった。17、18の両日にフランスのボルドー大学ワイン教育部長のジル・ド・ルベル氏ら25人の審査員が審査した。9月1日に甲府記念日ホテル(山梨県甲府市)で表彰式が行われる。

 欧州系品種・赤部門には、全部門中最も多い159銘柄のエントリーがあり、金賞7銘柄、銀賞9銘柄、銅賞59銘柄、奨励賞(該当無し)が選ばれた。

 「ツバイゲルト2016」は、道内産のツバイゲルト・レーベ種が原料で、果実味豊かな香りと、ほど良い酸味と柔らかなタンニンのバランスが絶妙な赤ワイン。同研究所は「銀賞を受賞したことで商品価値がさらに高まった」と自信を深めている。

 銀賞シールは100枚が無償提供されており、ワイン城内の販売分のボトルには既に貼付されている。城外の販売分についても銀賞シールの追加分が届き次第、8月下旬以降にボトルに貼付して販売する。

 同研究所は、第1回から出品しており、これまでに銅賞7回、奨励賞3回を受賞。今回の銀賞は過去最高位で、前回(第16回)のスパークリング部門の「ツバイゲルト」(NV)の銅賞に続いて2年連続入賞となった。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...