北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宇宙ツアー人気 ロケット製作や射場見学 JTB初企画【大樹】

 大手旅行会社JTBが夏休み時期の親子連れなどを対象に初めて企画した、町内での宇宙関連ツアーが人気を集めている。モデルロケットの製作や打ち上げ、ロケット射場の見学などを行う個人向けツアーで、初日の10日は主に道外から21人が参加し、宇宙のまち大樹の魅力に触れながら思い出をつくった。

モデルロケットの打ち上げを楽しむツアー参加者

 町はJTB北海道事業部に委託し、2016年度から3カ年で「宇宙のまちづくり」を主体とした観光戦略を策定。今回のツアー「大樹スペーストラベル」は、昨年度に行い好評だったモニターツアーを商品化。町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)の実習生として、ロケットを打ち上げる「物語」に沿って進む。

 道の駅コスモール大樹に集まった参加者は、ISTが5月に打ち上げたロケット「MOMO(モモ)」3号機や稲川社長が「ミッション成功を祈っています」と呼び掛ける映像を鑑賞後、ISTの射場を訪れた。

 この日はエンジンの燃焼実験が行われていたため、内部に入ることはできなかったが、離れた場所から燃焼の様子やごう音を体感。親子4人で参加した埼玉県さいたま市浦和別所小6年の男児(11)は「宇宙に関心があるし、(ISTの)ロケットのことも知っていた。貴重な体験ができてうれしい」と話した。

 最後は町多目的航空公園内の宇宙交流センターSORA(そら)で、モデルロケット作りを体験。先端に生卵を搭載し、同公園で打ち上げた。火薬によって上空高くまで打ち上がると大きな歓声が上がった。機体がパラシュートで着地し、生卵を割らずに帰還すると、製作グループには大きな拍手が送られた。

 岡山県から家族7人で訪れた岡山学芸館清秀高等部1年の女子学生(15)は「思った以上に飛んで面白かった。いい思い出ができた」と喜んでいた。

 JTB北海道事業部帯広オフィスの柴田勝浩オフィス長は「モモ3号機の成功で大樹の知名度が上がり、ツアーの申込数に反映されている」と話していた。ツアーは11日にも行われたほか、24、25、31日には各日20人ほどが参加予定。31日はやや空きがあるという。問い合わせは同帯広オフィス(0155・22・7451)へ。

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...