北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宇宙ツアー人気 ロケット製作や射場見学 JTB初企画【大樹】

 大手旅行会社JTBが夏休み時期の親子連れなどを対象に初めて企画した、町内での宇宙関連ツアーが人気を集めている。モデルロケットの製作や打ち上げ、ロケット射場の見学などを行う個人向けツアーで、初日の10日は主に道外から21人が参加し、宇宙のまち大樹の魅力に触れながら思い出をつくった。

モデルロケットの打ち上げを楽しむツアー参加者

 町はJTB北海道事業部に委託し、2016年度から3カ年で「宇宙のまちづくり」を主体とした観光戦略を策定。今回のツアー「大樹スペーストラベル」は、昨年度に行い好評だったモニターツアーを商品化。町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)の実習生として、ロケットを打ち上げる「物語」に沿って進む。

 道の駅コスモール大樹に集まった参加者は、ISTが5月に打ち上げたロケット「MOMO(モモ)」3号機や稲川社長が「ミッション成功を祈っています」と呼び掛ける映像を鑑賞後、ISTの射場を訪れた。

 この日はエンジンの燃焼実験が行われていたため、内部に入ることはできなかったが、離れた場所から燃焼の様子やごう音を体感。親子4人で参加した埼玉県さいたま市浦和別所小6年の男児(11)は「宇宙に関心があるし、(ISTの)ロケットのことも知っていた。貴重な体験ができてうれしい」と話した。

 最後は町多目的航空公園内の宇宙交流センターSORA(そら)で、モデルロケット作りを体験。先端に生卵を搭載し、同公園で打ち上げた。火薬によって上空高くまで打ち上がると大きな歓声が上がった。機体がパラシュートで着地し、生卵を割らずに帰還すると、製作グループには大きな拍手が送られた。

 岡山県から家族7人で訪れた岡山学芸館清秀高等部1年の女子学生(15)は「思った以上に飛んで面白かった。いい思い出ができた」と喜んでいた。

 JTB北海道事業部帯広オフィスの柴田勝浩オフィス長は「モモ3号機の成功で大樹の知名度が上がり、ツアーの申込数に反映されている」と話していた。ツアーは11日にも行われたほか、24、25、31日には各日20人ほどが参加予定。31日はやや空きがあるという。問い合わせは同帯広オフィス(0155・22・7451)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...