北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

宇宙ツアー人気 ロケット製作や射場見学 JTB初企画【大樹】

 大手旅行会社JTBが夏休み時期の親子連れなどを対象に初めて企画した、町内での宇宙関連ツアーが人気を集めている。モデルロケットの製作や打ち上げ、ロケット射場の見学などを行う個人向けツアーで、初日の10日は主に道外から21人が参加し、宇宙のまち大樹の魅力に触れながら思い出をつくった。

モデルロケットの打ち上げを楽しむツアー参加者

 町はJTB北海道事業部に委託し、2016年度から3カ年で「宇宙のまちづくり」を主体とした観光戦略を策定。今回のツアー「大樹スペーストラベル」は、昨年度に行い好評だったモニターツアーを商品化。町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)の実習生として、ロケットを打ち上げる「物語」に沿って進む。

 道の駅コスモール大樹に集まった参加者は、ISTが5月に打ち上げたロケット「MOMO(モモ)」3号機や稲川社長が「ミッション成功を祈っています」と呼び掛ける映像を鑑賞後、ISTの射場を訪れた。

 この日はエンジンの燃焼実験が行われていたため、内部に入ることはできなかったが、離れた場所から燃焼の様子やごう音を体感。親子4人で参加した埼玉県さいたま市浦和別所小6年の男児(11)は「宇宙に関心があるし、(ISTの)ロケットのことも知っていた。貴重な体験ができてうれしい」と話した。

 最後は町多目的航空公園内の宇宙交流センターSORA(そら)で、モデルロケット作りを体験。先端に生卵を搭載し、同公園で打ち上げた。火薬によって上空高くまで打ち上がると大きな歓声が上がった。機体がパラシュートで着地し、生卵を割らずに帰還すると、製作グループには大きな拍手が送られた。

 岡山県から家族7人で訪れた岡山学芸館清秀高等部1年の女子学生(15)は「思った以上に飛んで面白かった。いい思い出ができた」と喜んでいた。

 JTB北海道事業部帯広オフィスの柴田勝浩オフィス長は「モモ3号機の成功で大樹の知名度が上がり、ツアーの申込数に反映されている」と話していた。ツアーは11日にも行われたほか、24、25、31日には各日20人ほどが参加予定。31日はやや空きがあるという。問い合わせは同帯広オフィス(0155・22・7451)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演【幕別】

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

十勝毎日新聞

三宅さん、佐藤さん 全国へ 社内技術コンで【帯広】

 全国のトヨタ販売店が腕を競う「サービス技術コンクール」の北海道大会で、ネッツトヨタ帯広(帯広)の三宅健心さん(29)と佐藤大地さん(22)のペアが4~6位相当の優秀賞を受賞し、全国大会への出...

十勝毎日新聞

町の魅力伝える 中学生が留学生らと交流【大樹】

 大樹中学校(宮村孝雄校長、生徒124人)の全校生徒が6日、同校で帯広畜産大学の留学生らと交流した。生徒たちは8カ国の外国人に町の魅力を紹介するなどし、楽しいひとときを過ごした。  「ふるさ...

室蘭民報

見守り活動ひと目…市社協が「きずな」ビブス新調【登別】

着脱簡単、夜間使用OK  登別市社会福祉協議会(山田正幸会長)は、地域の防犯パトロールや子どもの見守り活動で身に着けるビブスを製作した。登別市地域福祉実践計画「きずな」のシンボルカラーである緑色を...

室蘭民報

スリーエイ協会の第1回会長杯、競技普及へ24組が熱戦【室蘭】

 室蘭スリーエイ協会の第1回会長杯が8日、室蘭市体育館で行われた。「白鳥」の須川辰夫さん、阿閉百合子さんが初優勝した。  試合は2人1組で行われ、24ペアが出場。4グループに分かれてリーグ戦が...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス