北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

朝カレーも十勝づくし スーパーホテル【帯広】

オーブンで焼き上げたパンとの食べ合わせも良い「スーパー帯広カレー」

 8日にグランドオープンした「スーパーホテルPremier帯広駅前」(帯広市西3南10)は、朝食バイキングで十勝産食材にこだわった「スーパー帯広カレー」を提供している。帯広物産協会と協力、チーズホエーで甘みをつけて豊西牛を使うなど、十勝の食材にこだわった。

 同社(本社大阪)は国内外に130以上で展開するホテルチェーン。「Premier」ブランドでの開業は全国4店舗目、道内では初となる。

 朝食はビュッフェスタイル。出張中の会社員などにその土地ならではの料理を楽しんでもらおうと、宿泊料金に700円上乗せしたプランを提供する。そのうち「朝カレー」は、市内中心部の他のホテルとの差別化を図る目的で企画した。

 カレーは誰にでも親しんでもらえるよう甘めに。チーズを生産する過程で発生するホエーの甘みで、マイルドな味わいとした。豊西牛のすね肉などを塊のまま圧力鍋でゆでて調理している。

 開発に携わった物産協会の木戸善範事務局長は、「十勝は『なつぞら』もあって乳製品のイメージがより一層強まった。ホテルはいわばその土地の入り口であり出口。土地のイメージを左右する食にこだわり、多くの方に十勝のファンになってもらいたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...