北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

肉・丼まつり増強 「ブランド知って」 9月8日【清水】

 第2回十勝清水肉・丼まつり(実行委主催)が9月8日午前10時~午後2時、町有明公園で開かれる。大盛況だった昨年の初開催からさらにバージョンアップし、畜産のまち清水を象徴する肉づくしの16メニューが集う。

まつりをPRする実行委関係者

 畜産の産出額が全国でもトップクラスの“肉のまち”をPRし、交流人口増加につなげようと、町や町観光協会、町商工会などで実行委をつくり、昨年、初めて開催した。全国的な知名度のある「十勝牛とろ丼」や「十勝清水牛玉ステーキ丼」など9種類のメニューが出店。1万2000人の来場があった。

 早々に売り切れるメニューが続出した反省から、今年は提供食数を昨年の倍の1万食以上を用意。丼メニューの数も特別参加の2品も含め18と倍増する。丼メニューの他、町内の 乳製品 やスイーツなど多彩なサイドメニューのブースも出店し、清水の食の魅力を伝える。実行委は「清水のいろいろな肉を味わって、清水ブランドを知る機会にしてほしい」としている。

 丼は1杯500~600円。丼500円分と、全ブースで使える600円分の計1100円分のチケットがセットになった前売り券を1000円で発売している。

 町観光協会(町役場)、町内飲食店などで扱っている他、チケットぴあ(Pコード:643506)でも購入できる。問い合わせは町商工観光課(0156・62・1156)へ。 (丹羽恭太)

丼ブースの提供メニュー

▽十勝牛とろ丼(十勝スロウフード)
▽十勝清水牛玉ステーキ丼(十勝清水牛玉ステーキ丼地域活性化協議会)
▽「十勝若牛」ローストビーフ丼(JA十勝清水町)
▽豚丼(ドライブインいとう)
▽牛もつ煮込み丼(慎鮨)
▽サラチキ丼(ふるカフェカマクラヤ)
▽北海地鶏ステーキ丼(旭山農志塾)
▽十勝牛のハヤシライス(かふぇ坩堝)
▽ブラウンスイス牛の旨肉みそ&若牛の塩カルビ丼(十勝清水コスモスファーム×農家バルFOODBABY)
▽佐藤さんちのローストビーフ丼(佐藤さんちの神居牛)
▽生ハムユッケ丼(プリマハム北海道工場)
▽十勝若牛牛タンビビンバ丼(焼肉かじさん)
▽肉屋の和牛牛丼(辻屋精肉店)
▽豚丼(喫茶爺遊森)
▽豚ジン丼(マミーのまんまの会)
▽十勝若牛の牛すじと季節の野菜カレー(呑み食い処げんや)

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...