北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

ポスターを手に秋のバル街への参加を呼び掛ける実行委メンバー

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目に多い76店(うち新規は8店)が参加。前売り券(3500円)を販売している。

 2004年4月から毎年春と秋の2回開催し、今回で32回目。初参加は食彩酒房さと水(江差町)、おひるごはんカフェtaom(元町)、センチュリーマリーナ函館バー・ボイジャー(大手町)など8店。この中で、スペイン・バスク地方にある会員制の食堂「ソシエダ」(男性美食倶楽部)をモデルにし日本で初めて函館で発足したソシエダが、港の庵(大町)で初参加する。

 また、アクロス十字街(市水道局)のホールが初めて会場となり、弘前市、青森市、江差町の4店が出店。実行委の加納諄治事務局長は「ホールを活用することで、西部地区以外の店が出店しやすくなる」と話す。

 バル街全体の開催時間は通常、午後2時~翌午前0時だが、今回は1日正午にスタート。76店のうち、15店が正午の時間帯に開店する。

 協賛イベントとして、本願寺函館別院(西別院)で寺院をライトアップするほか、雅楽演奏や僧侶の傾聴活動も。体の不自由な人たちを支援する「BARサポーターズクラブ」(事前申し込みが必要)の活動もある。

 前売り券はバル街参加店のほか、松柏堂プレイガイド各店、ローソン函館宝来町店などで扱う。当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。専用ホームページ(http://www.bar-gai.com/) での予約も可。

 問い合わせは、レストラン・バスク(0138・56・1570)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...