北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

ポスターを手に秋のバル街への参加を呼び掛ける実行委メンバー

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目に多い76店(うち新規は8店)が参加。前売り券(3500円)を販売している。

 2004年4月から毎年春と秋の2回開催し、今回で32回目。初参加は食彩酒房さと水(江差町)、おひるごはんカフェtaom(元町)、センチュリーマリーナ函館バー・ボイジャー(大手町)など8店。この中で、スペイン・バスク地方にある会員制の食堂「ソシエダ」(男性美食倶楽部)をモデルにし日本で初めて函館で発足したソシエダが、港の庵(大町)で初参加する。

 また、アクロス十字街(市水道局)のホールが初めて会場となり、弘前市、青森市、江差町の4店が出店。実行委の加納諄治事務局長は「ホールを活用することで、西部地区以外の店が出店しやすくなる」と話す。

 バル街全体の開催時間は通常、午後2時~翌午前0時だが、今回は1日正午にスタート。76店のうち、15店が正午の時間帯に開店する。

 協賛イベントとして、本願寺函館別院(西別院)で寺院をライトアップするほか、雅楽演奏や僧侶の傾聴活動も。体の不自由な人たちを支援する「BARサポーターズクラブ」(事前申し込みが必要)の活動もある。

 前売り券はバル街参加店のほか、松柏堂プレイガイド各店、ローソン函館宝来町店などで扱う。当日券(4000円)は、市地域交流まちづくりセンターに設ける「バル街i」で販売。専用ホームページ(http://www.bar-gai.com/) での予約も可。

 問い合わせは、レストラン・バスク(0138・56・1570)へ。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...