北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

客船オーシャン・ドリームが初入港し市民らと交流【室蘭】

船内で行われた演奏会。被爆ピアノ演奏やマリン少年少女合唱団との共演で交流は盛り上がった

室蘭港に初入港した客船オーシャン・ドリーム=室蘭港中央埠頭旅客船バース

 ピースボートクルーズ所属の客船オーシャン・ドリーム(3万5265トン)が19日午前、室蘭港中央埠頭旅客船バースに初入港した。船内では地元の団体と乗船客の交流が行われ、広島の原爆投下により被爆したピアノとの共演も繰り広げられた。同日午後11時、宮城県石巻港に向け出港予定。

 同船は非政府組織(NGO)ピースボートが地球一周の船旅を提供している。今回は20日間の日本一周クルーズの一環で4日に大阪港を出港。九州、韓国・釜山、ロシア・ウラジオストクなどを経て小樽などを巡り、19日午前10時半に室蘭港に入港した。

 同船からの要請で同日夕、地元グループのイングリッシュナイトと室蘭マリン少年少女合唱団の約60人が乗船。船は8月6、9日の「原爆の日」に広島、長崎に寄港し、被爆ピアノとバイオリンを積み込み、船内で演奏会を催し、平和を願った。特別出演した同合唱団が登場し「気球にのってどこまでも」などを歌い、ピアノと共演。手拍子も飛び出し盛り上がった。外国人の地球大学の学生が地元メンバーを案内し船内を巡るなど、交流を深め合った。

 岸壁では歓迎式典が行われ、青山剛室蘭市長らがカルロス・ピネーダ船長らスタッフを歓迎。桜蘭中吹奏楽部のブラスバンド演奏もあった。乗客1115人は大半が日本人。下船し、登別や洞爺湖温泉、地球岬など室蘭市内を巡るツアーを楽しんだ。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...