北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。

 冬島遺跡は市街地から東に6㌔ほど離れた標高約38㍍の海岸段丘に位置し、広さは約3万平方㍍あり、ほぼ平らで太平洋が一望できる場所。

 町教委は町内遺跡の詳細分布調査として、2014年度(平成26年度)からの小規模発掘から始まり、2016年度(28年度)から冬島遺跡の本格調査を開始。本年度は発掘作業を終えた6月末までに、幅3㍍、長さ12・7㍍を発掘している。

 縄文時代に続く、北海道中心の続縄文文化期は、本州方面の弥生時代から古墳時代にあたる紀元前3世紀から紀元後7世紀ごろまでの時代。冬島遺跡は縄文時代晩期から続縄文文化期の前期に集中している。

 発掘調査をしている町教委の高橋美鈴学芸員によると、これまでに続縄文の特徴を持つ土器片や硬いメノウ石で作った先端が細いきり状の道具として使用した石器片などのほか、石おの、クジラの骨ベラ、サメの歯やイルカの骨、魚の骨などが入った穴状の遺構などが出土。土器はまとまって廃棄されていた。

 通路状の配石は発掘終了間際の6月後半に出土し、細長い石の配石の幅は約30㌢で、長さは4㍍ほど。30㌢から10㌢ほどの大小14個の石が規則正しく南北方向に並び、近くには土器が7つほど集中して置かれていた。

 この通路状の配石の用途は不明だが、高橋学芸員は「発掘していない部分にも続いて並んでいる可能性がある」という。専門家も直列配石遺構の保存を勧めている。

 冬島遺跡に注目する専門家は多く、道内の遺跡やアイヌ文化に詳しい北方島文化研究会の会員も過去に見学。同遺跡の魅力として「遺物の量が豊富。集落にあるものがそろっている可能性が高く、資料的価値は高い」と様似町の講演会で報告している。

 高橋学芸員は「来年度は冬島遺跡がどの程度の広さに分布しているのか調査したい」と話している。

平行に石が並ぶ直列配石遺構(手前側)が出土した冬島遺跡の発掘現場=様似町教育委員会提供=

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...