北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。

 冬島遺跡は市街地から東に6㌔ほど離れた標高約38㍍の海岸段丘に位置し、広さは約3万平方㍍あり、ほぼ平らで太平洋が一望できる場所。

 町教委は町内遺跡の詳細分布調査として、2014年度(平成26年度)からの小規模発掘から始まり、2016年度(28年度)から冬島遺跡の本格調査を開始。本年度は発掘作業を終えた6月末までに、幅3㍍、長さ12・7㍍を発掘している。

 縄文時代に続く、北海道中心の続縄文文化期は、本州方面の弥生時代から古墳時代にあたる紀元前3世紀から紀元後7世紀ごろまでの時代。冬島遺跡は縄文時代晩期から続縄文文化期の前期に集中している。

 発掘調査をしている町教委の高橋美鈴学芸員によると、これまでに続縄文の特徴を持つ土器片や硬いメノウ石で作った先端が細いきり状の道具として使用した石器片などのほか、石おの、クジラの骨ベラ、サメの歯やイルカの骨、魚の骨などが入った穴状の遺構などが出土。土器はまとまって廃棄されていた。

 通路状の配石は発掘終了間際の6月後半に出土し、細長い石の配石の幅は約30㌢で、長さは4㍍ほど。30㌢から10㌢ほどの大小14個の石が規則正しく南北方向に並び、近くには土器が7つほど集中して置かれていた。

 この通路状の配石の用途は不明だが、高橋学芸員は「発掘していない部分にも続いて並んでいる可能性がある」という。専門家も直列配石遺構の保存を勧めている。

 冬島遺跡に注目する専門家は多く、道内の遺跡やアイヌ文化に詳しい北方島文化研究会の会員も過去に見学。同遺跡の魅力として「遺物の量が豊富。集落にあるものがそろっている可能性が高く、資料的価値は高い」と様似町の講演会で報告している。

 高橋学芸員は「来年度は冬島遺跡がどの程度の広さに分布しているのか調査したい」と話している。

平行に石が並ぶ直列配石遺構(手前側)が出土した冬島遺跡の発掘現場=様似町教育委員会提供=

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...